テーマ:省察

石法如来の特別寄稿:自省と省察(じせいとせいさつ)

仏道修業に関して、自分自身の長所(良い点)と自らを振り返って考えた場合、私は「自省(じせい)」という言葉を思い浮かべます。 それは、決して声を大にして言いたいことでも強調したいことでもなく、そういえば「その様な長所があった」という気づきと自覚の如きものです。   SRKWブッダは、著書(『仏道の真実++』)に「省察」(せいさつ・し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「友人からの質問と回答」

ある友人から次のようなメールが来ました。(公開は本人の許可済み) (以下引用) おはようございます。質問させていただきます。 父親が厳しい半面、母親に甘やかされて過保護に育つと「してもらって当然」という傲慢な『自己の特別性』という根拠のない自信が潜在意識に浸透した行動をとるようです! 知り合いから相談されて『これは自分にも当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【省察】

(以下引用) 【省察】  自分ではない他人の過ちをどんなに正確に把握したとしても、それによって覚りを生じることはない。その一方で、他ならぬ自分自身の過ちを把捉したならば、それは覚りの重要な機縁ともなる。その具体的な方法が、省察である。修行者が理法に適ったあり得べき省察を為し遂げたとき、安らぎに至る確かな道を見い出すであろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【修行方法の例示】(4)

(以下引用) 【修行方法の例示】(4)  ● 省察することは、修行となり得る。 他ならぬ自分自身の行為について省察するならば、確かな覚りの機縁へと結びついて行くものともなるからである。 ここで、省察は過去の自分の行為について行う。 ことの起こりと、顛末と、それぞれの帰趨を思い出さなければならない。 そ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「省察」及び「省察のよすが」

ワン爺の独り言(2017.5.14.) 今回はSRKWブッダの理法「「省察」及び「省察のよすが」を引用致します。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou111.htm http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou111_sub.htm (以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more