テーマ:白鷺

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第17章 水 3偈

3 若い時に、財を獲ることなく、(あるいは出家して)清らかな行ないをまもらないならば、魚の僅かしかいなくなった池にいる老いた白鷺のように、(悲しく)思いに耽る。  (ダンマパダ155 若い時に、財を獲ることなく、清らかな行ないをまもらないならば、魚のいなくなった池にいる白鷺のように、痩せて滅びてしまう。) (中村元訳「ブッダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若い時 こころ育てず 働かず その人老いて 痩せ衰える(155)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アチャリトゥワー  ブラフマチャリヤン Acaritvā       brahmacariyaṃ, 行わないで      梵行を アラッダー  ヨッバネー     ダナン aladdhā    yobbane  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more