テーマ:聖者

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第30章 楽しみ 25偈

25 諸の聖者に会うのは楽しい。かれらと共に住むのも、つねに楽しい。愚かな者どもに会わないならば、心はつねに楽しいであろう。  (ダンマパダ206 もろもろの聖者に会うのは善いことである。かれらと共に住むのはつねに楽しい。愚かなる者どもに会わないならば、心はつねに楽しいであろう。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第7章 善い行い 7偈、8偈、9偈

7 生きものを傷けることなく、つねに身体について慎しんでいる聖者たちは、不死の境地(くに)におもむく。そこに至れば悩むことがない。 8 聖者は実に生きものを傷けることなく、つねにことばについてよく慎しんでいる。かれらは不死の境地(くに)におもむき、そこに至れば悩むことがない。 9 聖者は実にひとを傷けることなく、心についてつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖者の4つの階梯(預流,一来,不還,阿羅漢)

ワン爺の独り言(2017.2.2.) 「聖者の四つの階梯」については、ダンマパダやスッタニパータの解説で何度か述べました。預流,一来,不還,阿羅漢です。SRKWブッダの説明を読んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou030.htm (以下引用) 【聖者の4つの階梯】…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

聖者には 願いがあるか 智慧を得て 何かをしようと 思っているのか<1090>

○少年少女のためのスッタニパータ<1090> ・・・ 聖者には願いごとがありますか? 聖者には智慧がありますか? 聖者何かしようとすることがありますか? 第5 彼岸に到る道の章 10.トーデイヤ経(トーデイヤ学生の問い)3. ○中村元先生訳 1090 「かれは願いのない人なのでしょうか? あるいは何かを希望…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

聖者とは 知識ある人か 特別の 生活送る 人なのですか?<1077>

○少年少女のためのスッタニパータ<1077> ・・・ どのようにして聖者になるのですか? 勉強して多くの知識を得ることですか? 簡素な生活をすることですか? 外の方法がありますか? 第5 彼岸に到る道の章 8.ナンダ経(ナンダ学生の問い)1. ○中村元先生訳 1077 ナンダさんがたずねた、 「世間には…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

聖者らは この世の絆 捨て去って 凡夫のなかで 落ち着いている<912>

○少年少女のためのスッタニパータ<912> ・・・ 義理・人情は悪くはないが、 人々はこれらによって悩み苦しむ。 聖者らは智慧によってこれらを乗り越える。 第4 八つの詩句の章 13.大集積経 18. ○毎田周一先生訳 912. 静かな人は この世の中で色々のつながりに縛られることなく 人がいい争っても そ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

マーガンディヤ ブッダの言葉 理解せず 他の賢者達も それを説くかと<838>

○少年少女のためのスッタニパータ<838> ・・・ 聖者は何かを説くものだと 思いこんでいると 「私はこれを説くということがない」と 言われても 何かを説いていると思ってしまう。 第3 八つの詩句の章 9.マーガンディヤ経 4. ○毎田周一先生訳 838. 「よく考えて確かめられた そのような見解に  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

欲望を 顧みないで 修行して 激流渡った 聖者を羨む<823>

○少年少女のためのスッタニパータ<823> ・・・ 本能といえども 克服できる。 真理を求める 志あれば。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 10. ○毎田周一先生訳 823. どんな欲望にも駆り立てられず そこから解き放されて生きてゆく静かな人は 既に盲目の命の流れを渡ってしまっている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

道の人 多くのことを 語らずば 聖者の行に 適うと知らるる<723>

○少年少女のためのスッタニパータ<723> ・・・ バカな人と見られないためには 黙っていればよい。 しかし、それだけで 賢い人にはなれません。 第3 大きな章 11.ナーラカ経 45. ○中村元先生訳 723 しかしみずから知って己れを制し、 みずから知っているのに多くのことを語らないならば、 かれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ナーラカは 叔父の教えに 従って ブッダを待って 慎み暮らす<697>

○少年少女のためのスッタニパータ<697> ・・・ アシタ仙人は人のためを考える人 未来を予見できる人でした。 ナーラカ少年はその彼に教えられ、 ブッダを待ってまじめに暮らした。 第3 大きな章 11.ナーラカ経 19. ○中村元先生訳 697 その聖者は、人のためをはかる心あり、 未来における最上の清…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

煩悩と 執着を断った 知者は 妄想しない 彼は聖者だ<535>

○少年少女のためのスッタニパータ<535> ・・・ 間違った想いとは 欲の想い 怒りの想い 害意の想い 第3 大きな章 6.サビヤ経 26. ○中村元先生訳 535 諸々の汚れと執著のよりどころを断ち、 智に達した人は、母胎に赴くことがない。 三種想いと汚泥とを除き断って、 妄想分別に赴かない、──…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

内外の 正と悪とを よく知って 尊敬される 彼は聖者だ<527>及び<後の散文>

○少年少女のためのスッタニパータ<527><後の散文> ・・・ 聖者は 外部の人にも 内部の人にも 尊敬される。 第3 大きな章 6.サビヤ経 18.後の散文 ○中村元先生訳 527 全世界のうちで内面的にも外面的にも正邪の道理を知っていて、 人間と神々の崇敬を受け、 執著の網を超えた人、 ──かれ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

束縛の 結び目切って 解脱した このような人 竜と呼ばれる<522><後の散文>

○少年少女のためのスッタニパータ<522><後の散文> ・・・ 竜とは褒め言葉。 だから、 偉大な聖者を、 竜と呼ぶのです。 第3 大きな章 6.サビヤ経 13.<後の散文> ○中村元先生訳 522 世間のうちにあっていかなる罪悪をもつくらず、 一切の結び目・束縛を捨て去り、 いかなることにもとらわれ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人々は 何に基づき 祭祀する 聖者に供養 それが成功<458>

○少年少女のためのスッタニパータ458. ・・・ 世の中には いろいろな儀式がありますが、 その意味を考えて、 意味のある儀式を行った方がよい。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)4. ○中村元先生訳 458 「この世の中では、仙人や王族やバラモンというような人々は、 何のた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

托鉢を 終えて聖者は 町を出て パンダヴァ山に 登られました<414>

○少年少女のためのスッタニパータ414 ・・・ 昔の修行者は托鉢ができ、 修行の邪魔にならない 森や山と町の中間に 住んでいたのですね。 スッタニパータ414. 第3 大きな章 1.出家経 10. ○中村元先生訳 414 聖者は托鉢を終えて、 その都市の外に出て、 パンダヴァ山に赴いた。 ──かれは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尊き師 生臭について 説法し ヴェーダの達人 それを悟った<251>

○少年少女のためのスッタニパータ251(13) ・・・ 本当に生臭でない人の 真実の言葉で 苦行者ティッサは 生臭を理解した。 251.第2 小さな章 2.生臭経 13. ○中村元先生訳 251 以上のことがらを尊き師(ブッダ)はくりかえし説きたもうた。 ヴェーダの呪文に通じた人(バラモン)はそれを知っ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

完全に 煩悩をなくした 聖者には 見返りではない 食事布施せよ<82>

○少年少女のためのスッタニパータ82 ・・・ 見返りを期待しない 純粋なお布施を受け止められるのは 煩悩をなくした 後悔をしることをしない 大聖者だけ。 82.第1 蛇の章 4.耕作者バーラドヴァージャ経 7. ○毎田周一先生訳 そして迷いと執著とを離れ 悪行を鎮めてしまつた完き人 何ものも侵すことの出来…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一切の 生き物たちを 害さない それ故に彼は 聖者と言える(270)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 生き物を殺す人は、 心の清らか人ではない。 蚊もゴキブリも生き物を殺さない人は、 心の清らかな人だ。 心の清らかな人は聖者だよ。 ○パーリ語原文と訳語 ナ テーナ     アリヨー ホーティ Na  tena      ariyo   hoti, ない それによって 聖…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

沈黙で 聖者になると 言えないよ 愚昧であり 無智ならば(268)及び(269)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ お口で話さないで 黙っていると 心の中で話していることが 聞こえるよ ・・・ 「今日はママはまだ 迎えにこない どうしたんだろう」 という声が聞こえたでしょう ○パーリ語原文と訳語 ナ  モーネーナ   ムニー  ホーティ Na   monena    mun&#…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

賢くて 多く学んで 智慧があり 忍耐強い 聖者に従え(208)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

聖賢と 共に生きれば 幸せだ 愚かな者に 会わないことも(206)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

270.生命を害す故に 聖者になるのではない

ダンマパダ 第19 法住者の章 270 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 諸生物を害(アリ)することから …
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

一切の生き物たちを害さないそれゆに彼は聖者と言える

ダンマパダ 270 生命を害す故に 聖者になるのではない 一切の生命を害さない 故に聖者と呼ばれる ○この詩から学ぶこと  前回は hiṃsatiという単語を「殺す」と訳しましたが、今回は「害す」に変えました。「害す」には殺すことも含みますが、「殺す」には別に単語がありますし、害すには「いじめる」も含…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

迷惑を誰にも掛けない聖者たち不死の境地に赴くだろう

ダンマパダ 225 誰にも迷惑をかけない 常に身体を慎んでいる聖者たち 彼らは不死の境地に至る そこには苦悩はない              ○少しでもブッダの肉声に近づくために(赤字のひらがなを3回音読して下さい。) Ahiṃsakā ye munayo , あひんさかー いえー    …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more