テーマ:渇愛

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第3章 愛執 第4偈

4 恣(ほしいまま)のふるまいをする人には、愛執が蔓草のようにはびこる。林のなかで猿が果実を探し求めるように、かれは(この世からかの世へと)あちこちにさまよう。 (ダンマパダ334参照) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント ほしいままのふるまいをする人とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渇愛を この世において 完全に 彼は断ったと 世尊は言った<再355>

○ワン爺さんの独り言<355> ・・・ 山の中で修行して 怒らなくなっても、 山を下り嫌いな人に会って 怒りが出れば、まだまだです。 第2 小さな章 12.ヴァンギーサ経 13. ○中村元先生訳 355 師は答えた、 「かれはこの世において、 名称と形態とに関する妄執を断ち切ったのである。 長いあい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

衣服にも 食べる物にも 薬にも 欲を起こさず 輪廻を脱せよ<再339>

○ワン爺さんの独り言<339> ・・・ 今あるもので、 満足できるならば、 その人は幸福であり、 立派な人だ。 第2 小さな章 11.ラーフラ経 5. ○中村元先生訳 339 衣服と、施された食物と、 (病人のための)物品と坐臥の所、 ──これらのものに対して欲を起こしてはならない。 再び世にもどっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

聖者様 渇愛滅する 方法を 説いて下さい 実践します<1085>

○少年少女のためのスッタニパータ<1085> ・・・ 欲しいなと言う気持ちがなくなれば、 心は揺れ動くことなく、 いつも落ち着いているだろう。 第5 彼岸に到る道の章 9.ヘーマカ経(ヘーマカ学生の問い)2. ○中村元先生訳 1085 聖者さま。あなたは、妄執を減しつくす法を わたくしにお説きください。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

渇愛を よく見極めて 煩悩を なくした人を 渡った人と言う<1082>

○少年少女のためのスッタニパータ<1082> ・・・ 「分かっちゃいるけど止められない」 という言葉がありますが、本当は、 分かっていないから止められないのです。 第5 彼岸に到る道の章 8.ナンダ経(ナンダ学生の問い)6. ○中村元先生訳 1082 師(ブッダ)は答えた、 「ナンダよ。わたしは『すべての…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

執著の 対象であると よく知って 生に対して 渇愛持つな<1068>

○少年少女のためのスッタニパータ<1068> ・・・ 見たり、聞いたりすることは すべて欲しくなるものだから、 無駄なものは 見たり、聞いたりしないこと。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)8. ○中村元先生訳 1068 師は答えた、 「ドータカよ。上と下と横と中央とにおいて …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

物事を よく知ったから 依存せず 生死をともに 願うことないく856>

○少年少女のためのスッタニパータ<856> ・・・ さくらの花が 散ってしまうように すべてのものは 変化してなくなります。 それを悲しまないように。 第3 八つの詩句の章 10.死前経 9. ○毎田周一先生訳 856. この人が何の拠り処ももたないのは 物事の本性をよく知って それによりかからぬからで…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

聖者とは 渇愛離れ  過去未来 今のことにも 執着しない<849>

○少年少女のためのスッタニパータ<849> ・・・ 目的を持って 生まれてきたのならば 死ぬ前に目的を 達成したいものですね。 第3 八つの詩句の章 10.死前経 2. ○毎田周一先生訳 849. 「死なない前に 愛欲を絶って               と世尊はいわれた その人は過ぎ去ったことに捉われ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

渇愛は 苦の原因だと よく知って 比丘は眼を開け 遍歴すべき<740前の散文と740.741.>

○少年少女のためのスッタニパータ<740前の散文と740.741.> ・・・ 好きなものを見ると ほしいと思う。 これが渇愛です。 第3 大きな章 12.二種の観察経 17前の散文と17.18. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

謹賀新年。どんな苦も 生存の基礎 これにより 現れるから 基礎をつくるな<728前の散文と728>

○少年少女のためのスッタニパータ<728前の散文と728> ・・・ いろいろな苦しみは 願い求めるからです。 願い求めなければ 苦しみはありません。 第3 大きな章 12.二種の観察経 5前の散文と5. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

もろもろの 渇愛捨てて 出家する 渇愛消えた 彼はバラモン<640>

○少年少女のためのスッタニパータ<640> ・・・ 渇愛って何ですか? のどがかわいたときに、 水を欲しいと思うような 気持ちです。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 47. ○中村元先生訳 640 この世の愛執を断ち切り、 出家して遍歴し、 愛執の生活の尽きた人、 ──かれをわたくしは<バラモン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

煩悩の 激流渡った 無我者に 時に応じて 供養しなさい<495>及び<496>

○少年少女のためのスッタニパータ<495.496.> ・・・ 渇愛と自我は 二子の兄弟だと 知っていましたか? 親は感覚です。 第3 大きな章 5.マーガ経 9.10. ○中村元先生訳 495 実に諸々の愛執に耽らず、すでに激流をわたりおわって、 わがものという執著なしに歩む人々がいる。 ──そのよう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

渇愛を 捨て疑いを 無にすれば この世において 正遊行する<367>

○少年少女のためのスッタニパータ367. ・・・ 欲張らず どんな生きものにも優しく接し 人の善意を信じて この世を正しく生きよう スッタニパータ367. 第2 小さな章 13.正遍歴遊行経 9. ○中村元先生訳 367 修行者が、貪りと迷いの生存(の望み)とを捨てて、 (生きものを)切ったり縛ったりす…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カッパ師は 執着の根を 見極めて 死王の世界を 越えて行かれた<358>

○少年少女のためのスッタニパータ358. ・・・ ゲームに 熱中している君よ。 ゲームの電源を 切ってしまえ。 勝利は君のものだ。 スッタニパータ358. 第2 小さな章 12.ヴァンギーサ経 16. ○中村元先生訳 358 先生! カッパ師は 執著の根元を見たのです。 ああ、カッパ師は、 いとも渡り…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

カッパ師は 教えの通り 実践し 魔王の網を 断ち切りました<357>

○少年少女のためのスッタニパータ357. ・・・ 常識を疑うことから 真実が見えてくる。 当たり前と思う前に 何故かなと考えよう。 スッタニパータ357. 第2 小さな章 12.ヴァンギーサ経 15. ○中村元先生訳 357 目ざめた人(ブッダ)の弟子(ニグローダ・カッパ)は、 ことばで語ったとおりに実…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

渇愛を この世において 完全に 彼は断ったと 世尊は言った<355>

○少年少女のためのスッタニパータ355. ・・・ 山の中で修行して 怒らなくなっても、 山を下り嫌いな人に会って 怒りが出れば、まだまだです。 スッタニパータ355. 第2 小さな章 12.ヴァンギーサ経 13. ○中村元先生訳 355 師は答えた、 「かれはこの世において、 名称と形態とに関する妄執…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バラモンは 財産をえて 欲に溺れ ヴェーダを改ざん 王をそそのかす<306>

○少年少女のためのスッタニパータ306. ・・・ 一つ悪いことをすると、 また悪いことをしやすくなっる。 だから、一つでも悪いことをするな。 善いことをすると、 また善いことをしやすくなる。 だから、一つでも善いことをせよ。 スッタニパータ306. 第2 小さな章 7.バラモン法経 23. ○中村元先生訳 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

渇愛に 水を与えず 枯らすなら 執着捨てた 聖者と言える<209>

○少年少女のためのスッタニパータ209. ・・・ 植物の種を植えても 水を与えなければ出た芽も枯れてしまう そのように、感覚の反応に 水を与えなければ煩悩は枯れる。 209.第1 蛇の章 12.聖者の経 3. ○毎田周一先生訳 209(3) 物事が何に依つて成り立つかを注意深く考えて それの起つてくる元を打…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

渇愛の 滅尽願い 不放逸 真理を究め 一人で歩く<70>

○少年少女のためのスッタニパータ70 ・・・ 自分の気持ちが 分からない人がいます。 そのような人は 他人の気持ちも分かりません。 自分の気持ちが分かるように 心の声を聞きましょう。 70.第1 蛇の章 3.犀の角経 36 ○毎田周一先生訳 貪愛を滅ぼすことを切に願い 聞くべきはよく聞いて思いは深く …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

渇愛の 激流涸らす 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<3>

○少年少女のためのスッタニパータ3 ・・・ 眼から心に、耳から心に、 鼻から心に、舌から心に、 刺激が休みなく流れる。 そのたび心は欲しくなる。 そのたび苦悩が現れる。 3.第 蛇の章 3. ○スマナサーラ長老訳 暴流(ボル)を涸(カ)らし尽くして 渇愛を(根こそぎ)抜いてしまうならば、 その修行者は …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

もろもろの 渇愛捨てて 出家する 渇愛消えた 彼はバラモン(416)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 渇愛って何ですか? のどがかわいたときに、 水を欲しいと思うような 気持ちです。 ○パーリ語原文と訳語 ヨーダ   タンハン  パハントゥワーナ Yodha    taṇhaṃ   pahantvāna, この世で  渇愛を   捨てて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

田畑の 雑草のような 愚かさの ない人にこそ 施しをせよ(358)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 雑草が生えている畑に、 まいた種はよく実らない。 雑草のない畑に、 まいた種はよく実る。 ・・・ 愚かな人にお布施をしても、 よい結果が現れない。 賢い人にお布施をすれば、 よい結果が現れる。 ○パーリ語原文と訳語 ティナドーサーニ  ケッターニ Ti&#7751…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

田畑の 雑草のような 怒ることの ない人にこそ 施しをせよ(357)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 雑草が生えている畑に、 まいた種はよく実らない。 雑草のない畑に、 まいた種はよく実る。 ・・・ 怒る人にお布施をしても、 よい結果が現れない。 怒らない人にお布施をすれば、 よい結果が現れる。 ○パーリ語原文と訳語 ティナドーサーニ  ケッターニ Ti&#775…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

田畑の 雑草のような 貪欲の ない人にこそ 施しをせよ(356)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 雑草が生えている畑に、 まいた種はよく実らない。 雑草のない畑に、 まいた種はよく実る。 ・・・ 貪欲な人にお布施をしても、 よい結果が現れない。 欲がない人にお布施をすれば、 よい結果が現れる。 ○パーリ語原文と訳語 ティナドーサーニ  ケッターニ Ti&#77…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

財産は 愚かな人を 害すなり 執着しない 人は害せない(355)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ お金が一番大切と思う子は お金があれば勉強しない。 何をしたらよいかわからない。 お金がないと悲しくなって、 病気になって死んでしまう。 ・・・ 立派な人間になろうとする子は、 お金があってもなくとも、 よく勉強して、 皆のために働いて、 元気で明るく生きる。 ○パー…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

法施法味 法楽最高 渇愛の 滅尽こそはすべてに勝る(354)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 最高のプレゼントは何だろう? それは幸福になる方法。 最高の味は何だろう? それは真理の味。 最高に楽しいことは何だろう? 慈悲の瞑想やヴィパッサナー瞑想。 すべての苦しみをなくすためには? ほしいという気持ちをなくすこと。 ○パーリ語原文と訳語 サッバダーナン  ダ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

勝利して すべて知る者 捨てた者 自ら悟り 師匠はいない(353)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ お釈迦さまは、すべてに勝ち、すべてを知った人です。 どんなものもほしいとは思いません。 すべてを捨てて、悟った人です。 自分で修行を完成したので、先生はいません。 ○パーリ語原文と訳語 サバービブー      サッバヴィドゥーハマスミ Sabbābhibhū…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

恐怖なく けがれない人 生存の 欲を捨て去り 最後の身体(351)及び(352)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 勇気のある人も、 怖いという気持ちはあるのです。 死にたくないという気持ちがあれば、 死ぬかもしれないと思う時、 怖いと思うのです。 ・・・ しかし、すべてを知って、 もう死んでもいいと思える人は、 怖いという思いはありません。 その人は修行の完成者、 大智慧者で大勇者です。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

貪欲に 駆り立てられて 思う人 考えること すべて外れる(349)及び(350)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 欲しい欲しいと考えていると、 いらないものまで欲しくなり、 満足できずに、苦しくなる。 ・・・ よけいなことを考えず、 静かな心を楽しむと、 何でも満足できて、幸せ。 ○パーリ語原文と訳語 ウィタッカパマティタッサ  ジャントゥノー Vitakkapamathitas…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

前をすて 後を捨てて 中間を 捨てた人たち 心は自由(348)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ きのうのことは、すんだこと。 あすのことは、まだこない。 きょうのことにも、こだわらない。 わたしに、悩みはなんにもない。 ○パーリ語原文と訳語 ムンチャ  プレー  ムンチャ  パッチャトー Muñca   pure    muñca   pacchato…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more