テーマ:ヴァーセッタ経

怒らない 戒を守って 欲はなれ 輪廻を終えた 彼はバラモン<624>

○少年少女のためのスッタニパータ<624> ・・・ 先生に怒られても お母さんに怒られても じっと我慢して聞いている。 その態度は立派でしょう。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 31. ○中村元先生訳 624 怒ることなく、つつしみあり、 戒律を奉じ、欲を増すことなく、 身をととのえ、最後の身体に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

罵倒され 打ちのめされても 怒らない 忍耐強い 彼はバラモン<623>

○少年少女のためのスッタニパータ<623> ・・・ バカと言われたり、 この野郎と殴られたら 普通は怒りますが、 真のバラモンは怒りません。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 30. ○中村元先生訳 623 罪がないのに罵られ、なぐられ、 拘禁されるのを堪え忍び、 忍耐の力あり、心の猛き人、 ──かれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欲のひも 怒りのひもを 断ち切って 悟りを開く バラモンたちは<622>

○少年少女のためのスッタニパータ<622> ・・・ 心には怒るひも、 欲しがるひも、 バカになるひもがあるそうだ。 これらのひもを断ち切ると、 バラモンになるそうだ。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 29. ○中村元先生訳 622 紐と革帯と綱とを、 手綱ともども断ち切り、 門をとざす閂(障礙)…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

バラモンは 生まれではなく 生き方だ どんなことにも 執着しない<620>

○少年少女のためのスッタニパータ<620> ・・・ お母さんとお父さんがいなければ、 あなたはこの世にいない。 しかし、お母さんやお父さんが立派でも、 あなたが立派だとは言えないよ。 自分で努力して、立派な人格を作って下さい。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 27. ○中村元先生訳 620 われは、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間で 盗みする人 泥棒で バラモンでない ヴァーセッタさん<616>及び<616~619>

○少年少女のためのスッタニパータ<616~619> ・・・ 泥棒も王様も 人間の呼び名です。 バラモンも呼び名ですが、 どんな人間なのでしょうか? 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 23~26. ○中村元先生訳 616 人間のうちで盗みをして生活する者があれば、 かれは盗賊であって、バラモンではないと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間で 牛を飼う人 牛飼いで バラモンでない ヴァーセッタさんよ<612>及び<613~615>

○少年少女のためのスッタニパータ<612~615> ・・・ 人間には違いはないけれど 仕事が違えば、呼び名が違う。 農夫、職人、商人、召使など。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 19~22. ○中村元先生訳 612 人間のうちで、牧牛によって生活する人があれば、 かれは農夫であって、バラモンではないと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間の 身体に区別 ないけれど 名称によって 区別がされる<611>

○少年少女のためのスッタニパータ<611> ・・・ 天は人の上に人を作らず、 人の下に人を作らず。 これは人間の平等を述べた言葉です。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 18. ○中村元先生訳 611 身を禀(う)けた生きものの間ではそれぞれ区別があるが、 人間の間ではこの区別は存在しない。 人間のあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間の 髪にも頭にも 耳も眼も 口にも鼻にも 区別は見られぬ<608>及び<609><610>

○少年少女のためのスッタニパータ<608~610> ・・・ バラモンの赤ちゃんと クシャトリヤの赤ちゃんの、 眼も耳も鼻も 手も足も腹も背中も 違いはみられません。 どちらも同じです。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 15.~17. ○中村元先生訳 608 髪についても、頭についても、 耳につい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四足で 歩く動物も 違いある 生まれにもとづき 違いができる<603>及び<604~607>

○少年少女のためのスッタニパータ<603~607> ・・・ 四本足の動物も 足のない蛇たちも 水中で生まれ、水に棲む魚たちも 空飛ぶ鳥たちも 生まれながらの区別があるが、 人間には生まれながらの区別はない。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 10~14. ○中村元先生訳 603 小さいものでも、大き…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

草や木は 種の時から 違いある 生まれにもとづき 違いができる<601>及び<602>

○少年少女のためのスッタニパータ<601><602> ・・・ 植物も動物も 多くの種類があって、 それぞれに明らかな 違いがある。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 8.9. ○中村元先生訳 601 草や木にも(種類の区別のあることを)知れ。 しかしかれらは(「われらは草である」とか、「われらは木であ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生きものを 事実のままに 教えよう 生まれによって 異なることを<600>

○少年少女のためのスッタニパータ<600> ・・・ 生きものは 生まれによって 異なることを よく知ろう。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 7. ○中村元先生訳 600 師が答えた、 「ヴァーセッタよ。そなたらのために、 諸々の生物の生れ(種類の)区別を、 順次にあるがままに説明してあげよう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世間の眼 生まれによってか 行いか 何がバラモンか 説いてください<599>

○少年少女のためのスッタニパータ<599> ・・・ そもそもバラモンとは何? 身分の名前か 職業の名前か 人格の名前ですか? 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 6. ○中村元先生訳 599 世間の眼として出現したもうたゴータマに、 われらはおたずねします。 生まれによってバラモンであるのでしょうか。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お互いに 説得できない そのために 目覚めた人に 聞きに来ました<597>及び<598>

○少年少女のためのスッタニパータ<597><598> ・・・ みんな自分が正しいと 思っているので、 お互いに相手を 説得できません。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 4.5. ○中村元先生訳 597 われら両人は互いに相手を 説得することができないのです。 そこで、<目ざめた人>(ブッダ)として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

出生で バラモンになるか 行いか 我ら二人に 論争がある<596>

○少年少女のためのスッタニパータ<596> ・・・ 彼は「生まれによってバラモンになる」と言い、 私は「行為によってバラモンになる」と言います。 私達にこのような論争があることを ブッダ様、知って下さい。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 3. ○中村元先生訳 596 ゴータマよ。そのわれわれが生れの如…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブッダ様 我ら二人は 知識人 ポッカラサーティ タールッカの弟子<594>及び<595>

○少年少女のためのスッタニパータ<594><595> ・・・ バーラドヴァージャ青年は 「生まれによってバラモンになる」と主張した。 ヴァーセッタ青年は 「行為によってバラモンになる」と主張した。 二人とも聖典をよく学んだ学者です。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 1.2. ○中村元先生訳 594 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラモンは 生まれによるのか 行いか その真実を ブッダに聞こう<ヴァーセッタ経の序>

○少年少女のためのスッタニパータ<ヴァーセッタ経の序> ・・・ 人間の価値は その人の 遺伝子によるのか 生き方によるのか 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 序 ○中村元先生訳 わたくしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)はイッチャーナンガラ[村]のイッチャーナンガラ林に住んでおられた。その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more