テーマ:後悔

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 14偈、15偈

14 もしも或る行為をしたのちに、それを後悔して、顔に涙を流して泣きながら、その報いを受けるならば、その行為をしたことは善くない。 (ダンマパダ67 もしも或る行為をしたのちに、それを後悔して、顔に涙を流して泣きながら、その報いを受けるならば、その行為をしたことは善くない。) 15 もしも或る行為をしたのちに、それを後悔しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見るべきは他人の「過失」か自分の「過失」か

ワン爺の独り言(2017.4.5.) 覚りの境地に達していない私たち凡夫は、毎日おおくの過失を犯しています。そのため自分に対しても、他人に対してもおおくの禍をもたらし、悩み苦しんでいます。それらの過失にいかに対処すべきか? 「禍を転じて福と為す」ことができるか? http://www.geocities.jp/srkw_buddha…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚かな行為(罪を憎んで人を憎んではならない)

ワン爺さんの独り言(2017.1.31.) 未だ覚りの境地に至っていない私たちは愚かな行為をしているものだが、何が愚かな行為なのかよく知って、そのような行為をしないように注意すべきです。また、人(自分自身を含む)の愚かな行為を見た時は、罪を憎んで人を憎んではならないのです。では「愚かな行為」について学びましょう。 http://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瞑想者 悔いることなく 落ち着いて 気づき絶やさず 静かに暮らせ<925>

○少年少女のためのスッタニパータ<925> ・・・ 授業中は うろうろせずに 落ち着いて 先生の話をよく聞いて 静かに勉強しなさい。 第4 八つの詩句の章 14.迅速経 11. ○毎田周一先生訳 925. 修行者はどこ迄も深くものを考えて さまよい歩かず 悔いることを止め 時を無駄に過ごさず 騒音を離…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

若い時 こころ育てず 働かず その人老いて 嘆き悲しむ(156)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アチャリトゥワー  ブラフマチャリヤン Acaritvā       brahmacariyaṃ, 行わない       梵行を アラッダー  ヨッバネー    ダナン aladdhā    yobbane  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

後悔し 涙を流す ことになる その行為は 善くない行為(67)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ    タン  カンマン   カタン   サードゥ Na    taṃ   kammaṃ   kataṃ    sādhu, ない  その  行為は    為された  善く ヤン   カトゥワー …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

314.悪事はなさぬことがよい後に悪事が苦しめる

ダンマパダ 第22 地獄(最悪の結果)の章 314 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します ○片山一良先生 訳 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more