テーマ:功徳のバロメーター

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【公案】(3)

(以下引用) 【公案】(3)  ● 自分自身、公案が解けたことを喜んではならない。 そして、公案が解けたことを喜ばない(歓喜しない)人こそが、本当の意味で公案を解いたのである。 これは、公案が解けたという事実が、修行が進んだことを示すものとはならないことによるものである。 すなわち、公案は功徳を積んでいるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more