テーマ:努力

覚りに向けた努力

ワン爺の独り言(2017年11月16日) 明知が信仰と念いと精神統一と意欲と努力とに結びついてついに解脱が起こるというものですから、「覚りに向けた努力」は必要です。では努力とはどのようなものでしょうか? http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou276.htm (以下引用) 【…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

明知は、学んで身につけるものでは無い。

ワン爺の独り言(2017.5.16.) 「『省察のよすが』は『慎み』『正しい心構え』『明知』であると言えます。」と述べましたが、その中の『明知』については説明していませんでした。そこで今回、『明知』について説明することになります。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou114.htm …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

努力の結び

ワン爺の独り言(2017.5.7.) 「人は努力ということ無しに覚りの境地に至ることはあり得ないのである。」と誰でも思うでしょう。しかし、どんな努力でも報われるということはないのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou105.htm (以下引用) 【努力の結び】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

112.堅固に精進努力して一日生きる方がまさる

ダンマパダ 第8 千の章 112 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマー サンブダッサ 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 怠惰に耽り、励むことなく 百年生きながらえるより 堅固に精進努力して 一日生きる方がまさる (片山一良先生 訳) ○超訳の試み 怠けて、…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

悪いこと好きなことのみやる人は努力する人を羨むだろう

ダンマパダ 209 善くないことにふけり 善いことに努力しない 目的を捨て、好きなことのみやる人は 目的のために努力する人を羨む ○この詩から学ぶこと  この209番から220番の詩まで、「第16 愛の章」になります。現代社会でが「愛」は最高にすばらしいこと、大切なことのように考えられて、また、そのような言葉とし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

粗雑に葺かれた屋根は雨が漏る修行しないと欲望増える

ダンマパダ 13、14 粗雑に葺(ふ)かれた屋根からは 雨が漏るように 修行されてない心には 欲望が入り込む 丁寧に葺かれた屋根からは 雨が漏らないように よく修行された心には 欲望が入り込まない 〇この詩から学ぶこと  屋根から雨漏りしたら困ります。同様に心に欲望が入りこんだら困るのだと釈尊は仰いま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more