テーマ:

善いことは 再三再四 繰り返せ 繰り返すなら 幸せになる(118)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 プンニャンチェー  プリソー  カイラー Puññañce      puriso    kayirā, 善を もし      人が    為すならば カイラーテータン   プナップナン kayir&…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

善いことは すぐにやること 今すぐに 急がなければ 悪がのさばる(116)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アビッタレタ    カルヤーネー Abhittharetha   kalyāṇe, 急ぐように     善を パーパー   チッタン   ニワーライェー pāpā      cittă…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

116.善を急がなければ心は悪を楽しむ

ダンマパダ 第9 悪の章 116 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマー サンブダッサ 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 善事に対して急ぐべし 心を悪から遠ざけよ 善を緩(ゆる)くするならば 心が悪を楽しむゆえに (片山一良先生 訳) ○超訳の試み 善は急げ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

善いことは直ぐにやること今すぐに急がなければ悪がのさばる

ダンマパダ 116 善は急げ 悪から心を守れ 善を急がなければ 心は悪を楽しむ ○この詩から学ぶこと  今回の116番の詩から128番の詩までは「第9 悪の章」になります。13の詩で釈尊の悪に関する考え方を学び、悪を避ける必要性を学んでください。悪は私たちを不幸に導くものなのです。悪は決して軽く見てはいけないので…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more