テーマ:忍耐

待つことに

ワン爺の独り言(2018年2月8日) 修行者の修行態度には大きく分けて三つあると言われています。一つは何かをなすこと。二つは為さないこと。そして三つ目は待つことです。今回は「待つことに」ついてSRKWブッダの感興句を引用しました。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana028.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

聡明な バラモン達は いにしえの バラモン達の 行い褒めた<再294>

○ワン爺さんの独り言<294> ・・・ 何かに成功するためには、 禁欲と道徳と 忍耐が必要です。 第2 小さな章 7.バラモン法経 11. ○中村元先生訳 294 この世における聡明な性の或る人々は、 かれの行いにならいつつ、 不婬と戒律と 耐え忍びとをほめたたえた。 ○正田大観先生訳 2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梵行と 道徳守り 優しくて 生きもの殺さぬ バラモン褒めた<再292>

○ワン爺さんの独り言<292> ・・・ 生きものを殺さず 人のものは取らないで 嘘をつかず、やさしい、 忍耐のある者は褒められる。 第2 小さな章 7.バラモン法経 9. ○中村元先生訳 292 かれらは、不婬の行と戒律と 正直と温順と苦行と 柔和と不傷害と 耐え忍びとをほめたたえた。 ○…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

罵倒され 打ちのめされても 怒らない 忍耐強い 彼はバラモン<623>

○少年少女のためのスッタニパータ<623> ・・・ バカと言われたり、 この野郎と殴られたら 普通は怒りますが、 真のバラモンは怒りません。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 30. ○中村元先生訳 623 罪がないのに罵られ、なぐられ、 拘禁されるのを堪え忍び、 忍耐の力あり、心の猛き人、 ──かれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

忍耐と 素直と僧を 見習い 法を学べば 最高の幸 <266>

○少年少女のためのスッタニパータ266. ・・・ こどもたちは マネが好きです。 それならば 善い人の マネをしましょう。 スッタニパータ266. 第2 小さな章 4.吉祥経 9. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 9. 堪え忍ぶこと、素直に聞き入れること、 沙門たちを見習うこと、 適時に教法について話し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

誠実さ 自制の心 忍耐と 施与すること 他にはないぞ<189>及び<190>

○子供のためのスッタニパータ189.190. ・・・ まごころ。 怒らないこと。 がまんすること。 分け合うこと。 189.190.第1 蛇の章 10.アーラワカ夜叉経 9.10. ○毎田周一先生訳 189(9) そこで若しもこの世に 誠をつくすこと 自らを修めること 物惜しみしないこと 忍耐つよいこと …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

群れ離れ 巨大な象が 困難を 物ともせずに 一人で歩く<53>

○少年少女のためのスッタニパータ53 ・・・ インドの荒野には焼けるような暑さも 裸では堪えられない寒さもあり、 食べるものや水も少ない。 あぶや蛇などもいる。 ・・・ 群れを離れた巨大な象は 苦しみに耐えるというよりは、 楽し気に心の平安を保っている。 53.第1 蛇の章 3.犀の角経 19 ○毎田周…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

怒らない 戒を守って 欲はなれ 輪廻を終えた 彼はバラモン(400)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 先生に怒られても お母さんに怒られても じっと我慢して聞いている。 その態度は立派でしょう。 ○パーリ語原文と訳語 アッコーダナン  ワタワンタン Akkodhanaṃ    vatavantaṃ, 怒りのない     禁戒ある スィーラワン…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

罵倒され 打ちのめされても 怒らない 忍耐強い 彼はバラモン(399)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ あるバラモンがブッダに聞きました。 何がやめれば楽に眠れますか? 何をやめれば悲しまずにすみますか? あなたは何をやめることをすすめますか? ・・・ ブッダは答えました。 怒りをやめれば楽に眠れます。 怒りをやめれば悲しみません。 毒の元になる怒りをやめることをすすめます。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

戦場で 弓で打たれた 象のよう 誹謗する人 私は耐える(320)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ ぞうさんは大きいね。 やさしい目をしているね。 だけど、がまんつよいだね。 だから泣かないんだね。 ○パーリ語原文と訳語 アハン  ナーゴーワ   サンガーメー Ahaṃ   nāgova     saṅgāme, 私は   象…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

怒らない 忍耐これが 修行です 涅槃は最高 とブッダは言った(184)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================== 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

184.耐え忍ぶは最上の修行、涅槃は最上、と諸仏は説く

ダンマパダ 第14 ブッダの章 184 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 耐え忍ぶは最上の修行 涅槃は最上、と諸…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

罵倒され打ちのめされても怒らない忍耐強い彼はバラモン(399)

ダンマパダ 第26章 バラモン 399 罵倒あるいは暴力や拘束に 怒らずに忍耐する 忍耐力のある軍隊のように強い人 彼を私はバラモンと呼ぶ 〇この詩の蛇足  「堪忍の なる堪忍は 誰もする ならぬ堪忍 するが堪忍」(我慢できる我慢は誰でもする 我慢できない我慢をするのが我慢だ)という教訓歌があります。最近はこの言…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

訓練した象に王が乗る訓練して誹謗に耐える最高の人(321)

ダンマパダ 第23章 象 321 訓練された象が戦場に行く 王たちは訓練された象に乗る 訓練して誹謗を耐え忍ぶ人は 人間の中で最高の人である ○この詩から学ぶこと  よく訓練された象が、戦場で戦力として使えるのです。ですから、王たちはよく訓練された象に乗り、戦場に行くのです。  何を訓練するのでしょうか?良…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

戦場で弓で打たれた象のよう誹謗する人私は耐える(320)

ダンマパダ 第23章 象 320 私は象が戦場で 弓から放たれた矢を耐えるように 誹謗を耐え忍ぼう 多くの人々は不道徳だから ○この詩から学ぶこと  「なさぬ堪忍するが堪忍」という諺があります。我慢できない我慢をするのが我慢(堪忍、忍耐)だという意味です。ダンマパダの184番に「忍耐は最高の修行」(カンティ パラ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

忍耐は最高修行 修行者は他を害しない困らせない

ダンマパダ 184 忍耐、堪忍は最高の修行である 涅槃は最高のものであると諸仏は説く 他人を害する人は出家者ではない 他人を困らせる人は修行者ではない ○前回の「この詩から学ぶこと」 http://76263383.at.webry.info/200807/article_2.html ○スマナサーラ長…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

罵倒され打ちのめされても怒らない忍耐強い彼はバラモン

ダンマパダ 399 罵倒あるいは暴力や拘束に 怒らずに忍耐する 忍耐力のある軍隊のように強い人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと  罵倒されると、誰れでも普通それに反発して怒ります。さらに暴力や拘束さればもちろん怒ります。怒らずにいることは忍耐が必要です。この場合、完全に解脱した阿羅漢のような人ならば…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

誹謗する人道徳ない人 私は象のように耐え忍ぶ

ダンマパダ 320 私は象が戦場で 弓から放たれた矢を耐えるように 誹謗を耐え忍ぶ 多くの人々は不道徳だから ○この詩から学ぶこと  今日のダンマパダ320番から333番までの詩は、第23象の章になります。象は大きく、強いが、優しく、忍耐強い動物です。  古代インドでアーリヤ人は戦争に象を使い始めました。徒…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more