テーマ:無我

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第12章 道 8偈

8 「一切の物事は我(われ)ならざるものである」(諸法非我)と明らかな知慧をもって観(み)るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。 (ダンマパダ279 「一切の物事は我(われ)ならざるものである」(諸法非我)と明らかな知慧をもって観(み)るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空、無我ということ・[真如]

ワン爺の独り言(2017.2.7.) 空、無我などについて学んできたので、SRKWブッダの「空、無我ということ・[真如]という理法を学んでみましょう。大人と子供のたとえで説明しています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou174.htm (以下引用) 【空、無我ということ・[真…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

存在に 実はないと知る 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<再5>

○ワン爺さんの独り言<5> ・・・ ないものねだりは 意味がないことを知るべきですが、 その前に、それがないものだと 知らなければなりません。 第1 蛇の章 1蛇 5. ○スマナサーラ長老訳 無花果(イチジク)の花を探す人が何も見付けられないように 存在において意義(実体)を 見出せないことを発見した修行…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

わがものと 思う気持ちの ない人は 何がなくとも 嘆くことなし<950>

○少年少女のためのスッタニパータ<950> ・・・ 自分のものが何もなかったら どんなに不安でしょう。 自分のものが何もなくとも、 嘆き悲しまない人は どんな人なのでしょう。 第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 16. ○毎田周一先生訳 950. 名と形あるものを  すべてわがものとするのを止…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

生存の 要素は無我と 知る比丘は この世において 正遊行する<364>

○少年少女のためのスッタニパータ364. ・・・ 私の身体は私ではない、 私の感覚は私ではない、 私の記憶は私ではない、 私の思考感情は私ではない、 私の認識は私ではない、 これらがまとまって私だ。 だから、私は一時的現象だ。 スッタニパータ364. 第2 小さな章 13.正遍歴遊行経 6. ○中村元先生…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

無我の時 慈しみあり 邪見なし 戒は守られ 執着もない<152>

○少年少女のためのスッタニパータ152. ・・・ みんなが 幸せであればいいな みんなに 良いことがあればいいなと 思える人は幸せです。 152.第1 蛇の章 8.慈経 10. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 152(10) [このように実践する人は] 邪見を乗り越え、 常に戒を保ち、正見を得て、 諸々…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

一切の 法は無我だと 知るならば 苦から離れて 清らかになる(279)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ あなたには身体と心がありますが、 身体も変わるし、心も変わる。 変わらないものはありません。 ですから昨日のあなたと 今日のあなたは違います。 ○パーリ語原文と訳語 サッベー  ダンマー  アナッター  ティ Sabbe    dhammā   anatt…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

心での 怒りを押さえ 心での 悪行捨てて 善行を為せ(233)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ 他の子をたたいたり 悪口を言ってもだめですが イライラするのもいけません これはけこうむずかしい ○パーリ語原文と訳語 マノーパコーパン ラッケッヤ Manopakopaṃ   rakkh…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

279.すべての事物は無我である

ダンマパダ 第20 道の章 279 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します あらゆる法は無我なり、と 智慧をもっ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

一切の法は無我だと知るならば苦から離れて清らかになる

ダンマパダ 279 すべての事物は無我だと 智慧によって見る時 苦を厭い離れる これは清浄への道である ○この詩から学ぶこと  277番、278番、279番は仏教の重要な教えに関する詩です。それぞれ、無常、苦、無我です。 その内容を本当に理解することは、どれも難しいのですが、スマナサーラ長老は、だんだん難…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more