テーマ:束縛

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第29章 ひと組みずつ 40偈

40 束縛から迷いの生存が生じ、束縛から離れることから迷いの生存が滅びる。聡明な人は生存の生じることとほろびることとのこの二種の道を知って、諸の束縛を超えるようなその境地を学べ。 (ダンマパダ282 実に心が統一されたならば、豊かな知慧が生じる。心が統一されないならば、豊かな知慧がほろびる。生じることとほろびることとのこの二種の道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第29章 ひと組みずつ 39偈

39 愚人は束縛によって迷っているが、賢者は束縛を断ち切る。聡明な人は束縛を取りのぞいて___ここに神々と人間とのすべての束縛を断ち切って、あらゆる苦しみから解脱する。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 今日は、束縛について解説します。ダンマパダ34…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第23章 自己 23偈

23 この世では自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか? 賢者は、自分の身をよくととのえて、いかなる束縛をも断ち切る。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント この世では自己こそ自分の主であるのに、衆生はいろいろな思いに束縛されていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 5偈

5 自己の愛執を断ち切れ、___池の水から出て来た秋の蓮を手で断ち切るように。静けさに至る道を養え。めでたく行きし人(=仏)は安らぎを説きたもうた。 (ダンマパダ285 自己の愛執を断ち切れ、___池の水の上に出て来た秋の蓮を手で断ち切るように。静かなやすらぎに至る道を養え。めでたく行きし人(=仏)は安らぎを説きたもうた。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第6章 戒しめ 10偈

10 かれは束縛の絆(きずな)が消え失せて、慢心もなくなり、煩悩のさまたげもなく、身体が壊(やぶ)れて死んだあとでも明らかな知慧をたもち、ときほごされて、(迷える人の)部類に入らない。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 束縛とは、SRKWブッダは次のように…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「情(なさけ)」とは、ありのままと言うことである

ワン爺の独り言(2017.6.23.) 「情(なさけ)とは、ありのままと言うことである」とSRKWブッダは述べておられますが、始めは意味が分かりませんでした。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou147.htm (以下引用) 【情(なさけ)】 情(なさけ)とは、あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

束縛を 牡牛の如く 断ち切って 神望むなら 雨降らせよと<再29>

○ワン爺さんの独り言<29> ・・・ 財産や家族が 束縛とは思えなくとも それらのために 苦労して悩むことは 確かでしょう。 29.第1 蛇の章 1ダニヤ経 12. ○毎田周一先生訳 牡牛のように束縛を断ち切った            と世尊はいわれた 象がつる草を踏みにじってゆくように 私はもう…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

無所有の 成立するもとを 見たならば 喜びという 束縛がある<1115>

○少年少女のためのスッタニパータ<1115> ・・・ それが最高の境地かどうか分かるためには 真実を究めようとする意志と 自分自身に妥協しない態度が必要でしょう。 第5 彼岸に到る道の章 15.ポーサーラ経(ポーサーラ学生の問い)4. ○中村元先生訳 1115 無所有の成立するもとを知って、 すなわち『歓…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

軛(くびき)とは その原因は 何ですか 何を除けば 涅槃があるか<1108>

○少年少女のためのスッタニパータ<1108> ・・・ 現代は奴隷制度などがなくなり 自由の時代だと言われていますが、 多くの人々はブッダの時代と同様に 自由ではありません。 何故でしょうか? 第5 彼岸に到る道の章 14.ウダヤ経(ウダヤ学生の問い)4. ○中村元先生訳 1108 「世人は何によって束縛…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

一切の 執着の根源を 断ち切って 解脱した人が 高貴な人だ<532>及び<後の散文>

○少年少女のためのスッタニパータ<532><後の散文> ・・・ 高貴の人とは 生まれや血統ではない。 心の汚れのない人だと お釈迦様は言われます。 第3 大きな章 6.サビヤ経 23.後の散文。 ○中村元先生訳 532 内面的にも外面的にも 執著の根源である諸々の束縛を断ち切り、 一切の執著の根源であ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

一切の 結縛断った 解脱者を 時に応じて 供養しなさい<491>及び<492>

○少年少女のためのスッタニパータ<491.492.> ・・・ 生命は見えない ロープで縛られています。 欲のロープ、怒りのロープ、 無智のロープなど、 10本あると言われています。 第3 大きな章 5.マーガ経 5.6. ○中村元先生訳 491 一切の結び・縛めを断ち、 みずから慎しみ、解脱し、苦しみ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

清浄で 過ちのない 如来こそ 供養の菓子を 受ける価値ある<476>

○少年少女のためのスッタニパータ476. ・・・ 生活のごみも分別されますが、 心のごみもいくつかに分別すると 処理しやすいのです。 三毒(貪、瞋、痴)、五蓋、十結など。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)22. ○中村元先生訳 476 煩悩の束縛と迷いの生存への生れかわりとが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

きずなこそ 在家のしるし これを切り 独覚ブッダは 一人で歩く<44>

○少年少女のためのスッタニパータ44 ・・・ お釈迦さまは みんながほしがるものを 大切だとは言わない。 みんなが大切だと思う 世間のきづなも 大切だとは言わない。 44.第1 蛇の章 3.犀の角経 10 ○毎田周一先生訳 葉の落ちたコーヴィラーラの木のように 世俗の生活のしるしを取り去り 世間のきづ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

束縛を 牡牛の如く 断ち切って 神望むなら 雨降らせよと<29>

○少年少女のためのスッタニパータ29 ・・・ 真理が見えれば 未練を断ち切ることは、 リンゴが木から離れて 落ちるようなもの。 29.第2 蛇の章 2.ダニア経 12 ○毎田周一先生訳 牡牛のやうに束縛を断ち切った            と世尊はいはれた 象がつる草を踏みにじつてゆくやうに 私はもう二度…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more