テーマ:ラーフラ経

無相知り 心にひそむ 慢を捨て 寂静の日々 送れるように<再342>

○ワン爺さんの独り言<342> ・・・ 姿・形があっても、 それは永遠ではない。 必ず崩れ去る。 浜辺の砂山のように。 それを無相という。 第2 小さな章 11.ラーフラ経 8. ○中村元先生訳 342 無相のおもいを修せよ。 心にひそむ傲慢をすてよ。 そうすれば汝は傲慢をほろぼして、 心静まった…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

皮膚の下 汚物が詰まった 肉体を 美しいものと 君は思うか<再341>

○ワン爺さんの独り言<341> ・・・ 恋すると 心に恋メガネをかけるから、 相手が世界で一番 きれいに見える。 第2 小さな章 11.ラーフラ経 7. ○中村元先生訳 341 愛欲があれば(汚いものでも)清らかに見える。 その(美麗な)外形を避けよ。 (身は)不浄であると心に観じて、 心をしずかに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

戒律の 条項護り  感制し 身体を観ぜよ 世を厭うべし<再340>

○ワン爺さんの独り言<340> ・・・ 生きものを殺さないこと。 人のものを取らないこと。 信頼を裏切らないこと。 嘘をつかないこと。 酒・タバコなど害になるものを取らないこと。 第2 小さな章 11.ラーフラ経 6. ○中村元先生訳 340 戒律の規定を奉じて、 五つの五官を制し、 そなたの身体を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

衣服にも 食べる物にも 薬にも 欲を起こさず 輪廻を脱せよ<再339>

○ワン爺さんの独り言<339> ・・・ 今あるもので、 満足できるならば、 その人は幸福であり、 立派な人だ。 第2 小さな章 11.ラーフラ経 5. ○中村元先生訳 339 衣服と、施された食物と、 (病人のための)物品と坐臥の所、 ──これらのものに対して欲を起こしてはならない。 再び世にもどっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

善友と 親しくしなさい 村離れ 修行しなさい 食ほどほどに<再338>

○ワン爺さんの独り言<338> ・・・ 良い友達と付き合いなさい。 喧噪から離れない。 また食べ過ぎはいけません。 第2 小さな章 11.ラーフラ経 4. ○中村元先生訳 338 善い友だちと交われ。 人里はなれ奥まった 騒音の少ないところに坐臥せよ。 飲食に量を知る者であれ。 ○正田大観先…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

五欲捨て 決意によって 家を出て 苦を終わらせる 者になるべし<再337>

○ワン爺さんの独り言<337> ・・・ 故郷を捨てて 東京に出てきたならば、 目的を成し遂げるまで 頑張るべきだろう。 第2 小さな章 11.ラーフラ経 3. ○中村元先生訳 337 「愛すべく喜ばしい 五欲の対象をすてて、 信仰心によって家から出て、 苦しみを終滅せしめる者であれ。 ○正…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ラーフラよ 賢者を軽く 見てないか 賢明な師を 尊んでいるか<再335>及び<再336>

○ワン爺さんの独り言<335> ・・・ 智慧ある人はやさしいので、 友達のような気になるが、 それでは大切なことは学べない。 第2 小さな章 11.ラーフラ経 1.2. ○中村元先生訳 335 [師(ブッダ)がいった]、 ラーフラよ。しばしばともに住むのに慣れて、 お前は賢者を軽蔑するのではないか?  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

無相知り 心にひそむ 慢を捨て 寂静の日々 送れるように<342>

○少年少女のためのスッタニパータ342. ・・・ 姿・形があっても、 それは永遠ではない。 必ず崩れ去る。 浜辺の砂山のように。 それを無相という。 スッタニパータ342. 第2 小さな章 11.ラーフラ経 8. ○中村元先生訳 342 無相のおもいを修せよ。 心にひそむ傲慢をすてよ。 そうすれば…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

皮膚の下 汚物が詰まった 肉体を 美しいものと 君は思うか<341>

○少年少女のためのスッタニパータ341. ・・・ 「恋は盲目」って知っている? 恋すると相手の真実が見えなくなること。 みんな自分が好きだから、 自分のことがよく分からない。 スッタニパータ341. 第2 小さな章 11.ラーフラ経 7. ○中村元先生訳 341 愛欲があれば(汚いものでも)清らかに見える…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

戒律の 条項護り  感制し 身体を観ぜよ 世を厭うべし<340>

○少年少女のためのスッタニパータ340. ・・・ 少年少女にも大切なこと。 生きものを殺さないこと。 人のものを取らないこと。 信頼を裏切らないこと。 嘘をつかないこと。 酒・タバコなど害になるものを取らないこと。 スッタニパータ340. 第2 小さな章 11.ラーフラ経 6. ○中村元先生訳 340 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

衣服にも 食べる物にも 薬にも 欲を起こさず 輪廻を脱せよ<339>

○少年少女のためのスッタニパータ339. ・・・ 今あるもので、 満足できるならば、 その人は幸福であり、 立派な人だ。 スッタニパータ339. 第2 小さな章 11.ラーフラ経 5. ○中村元先生訳 339 衣服と、施された食物と、 (病人のための)物品と坐臥の所、 ──これらのものに対して欲を起こ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

善友と 親しくしなさい 村離れ 修行しなさい 食ほどほどに<338>

○少年少女のためのスッタニパータ338. ・・・ 良い友達と遊びなさい。 静かなところで、 勉強しなさい。 食べ過ぎはいけません。 スッタニパータ338. 第2 小さな章 11.ラーフラ経 4. ○中村元先生訳 338 善い友だちと交われ。 人里はなれ奥まった 騒音の少ないところに坐臥せよ。 飲食に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五欲捨て 決意によって 家を出て 苦を終わらせる 者になるべし<337>

○少年少女のためのスッタニパータ337. ・・・ 故郷を捨てて 東京に出てきたならば、 目的を成し遂げるまで 頑張るべきだろう。 スッタニパータ37. 第2 小さな章 11.ラーフラ経 3. ○中村元先生訳 337 「愛すべく喜ばしい 五欲の対象をすてて、 信仰心によって家から出て、 苦しみを終滅せ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ラーフラよ 賢者を軽く 見てないか 賢明な師を 尊んでいるか<335>及び<336>

○少年少女のためのスッタニパータ335.336. ・・・ 国語の先生が好きなれば、 国語が出来るようになる。 数学の先生が好きになれば、 数学が出来るようになる。 スッタニパータ335.336. 第2 小さな章 11.ラーフラ経 1.2. ○中村元先生訳 335 [師(ブッダ)がいった]、 ラーフラよ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more