テーマ:言葉

言葉にこだわること

昨日、悪魔パピーマンの考えている幸福とゴータマ・ブッダが考えている幸福の違いについて述べました。 同じ幸福という言葉を使っても、人によってその内容が異なるのです。 また、こだわるという言葉も肯定的に使う人も否定的に使う人もいるのです。 ですから、他人の使う言葉の意味は、自分の思っている意味は違うかもしれないと考える必要…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【言葉】(3)

(以下引用) 【言葉】(3)  ところで、人には、その人らしい言葉遣いというものがあるであろう。 もちろん、時と場所、その時の気分や感情に応じて言葉遣いが変化するのは当然である。 それでも、その変化は一定の範囲内に収まることが通常であろう。 ところが、法の句が発せられるとき、その言葉はその人が口にした言葉と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【言葉】(2)

(以下引用) 【言葉】(2)  なお、法の句の出自は、法界であると推定される。 法界は、古典的には諸仏の住み処とも称される界である。 この世に大事の局面が出現したとき、法界から法の句が現れる。 それが覚りの決定的な機縁となるわけである。  ただし、それぞれの法の句は特定の誰かに焦点を合わせて発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【言葉】(1)

(以下引用) 【言葉】(1)  通常、言葉は人の意思の疎通に用いられるものである。また、知識の伝達、記録、思考、決意の表明などにも用いられる。そして、言葉にはそれらとは別の偉大な働きがある。それは、言葉が人の覚りの決定的な機縁となることである。  すなわち、人は世に希有なる法の句を耳にして、その真実の意味を理解したとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刃物と言葉と愚者と賢者

ワン爺の独り言(2018年4月1日) 「愚者は、自分の愚かさを知ることができない。悪人は、自分の悪を知ってもそれを止めることができない。しかしながら、賢者は、自分の愚かさを知って悪をとどめ、ついに解脱するのである。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana08…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏国土

ワン爺の独り言(2017年12月8日) 「仏国土」という言葉を正しく理解できれば、仏教が目指すものが何かわかります。SRKWブッダはこの理法で仏国土の本質を解いています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou299.htm (以下引用) 【仏国土】 すべての仏国…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こころある人は「言葉の感覚的感受」を喜んではならない

ワン爺の独り言(2017.5.10.) SRKWブッダは次のように言われる。「こころある人は、言葉の感覚的感受を喜んではならない。世間に飛び交う何に触れても、高ぶることなく平静であれ。」 それは何故か? http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou107.htm (以下引用) 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しく「言葉を用いる」

ワン爺の独り言(2017.3.22.) 言葉を正しく用いることは、人間が日常生活を送る上で非常に大切なことです。これにより人間関係が良好になり、幸せな人生を送れる条件ができると思います。しかし、仏教で目指すものはそれ以上のものであり、完全な幸せであり、そのためにも正しく「言葉を用いる」ことが必要なのです。 http://www.ge…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見事に説かれた言葉

ワン爺の独り言(2017.3.20.) SRKWブッダの「見事に説かれた言葉」とゴータマ・ブッダも同様に四種述べておられます。諸仏は同じことを説くという証拠ですが、現代人に少し分かりやすい言葉になっていると思います。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou010.htm (以下引用)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生まれると 口の中には 斧生じ 悪口言うと 己を切り裂く<657>

○少年少女のためのスッタニパータ<657> ・・・ 言葉の使い方には 注意が必要です。 正しく使えば幸福になり、 悪く使えば不幸になります。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 1. ○中村元先生訳 657 人が生まれたときには、 実に口の中には斧が生じている。 愚者は悪口を言って、 その斧によっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

出家して 身体の行為 話すこと 悪を離れて 清らかになる<407>

○少年少女のためのスッタニパータ407 ・・・ 汚れた生活とは 贅沢な生活 不満ばかりの生活 無駄の多い生活 スッタニパータ407. 第3 大きな章 1.出家経 3. ○中村元先生訳 407 出家されたのちには、身による 悪行をはなれた。 ことばによる悪行をもすてて、 生活をすっかり清められた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

私たち 言葉にとらわれ 反応し 心を遠くに 放ってしまう<390>

○少年少女のためのスッタニパータ390. ・・・ ほめられても、けなされても 心はどこかに行ってしまう。 本当に生きるということは 心とともにいることだ。 スッタニパータ390. 第2 小さな章 14.ダンミカ経 15. ○中村元先生訳 390 実に或る人々は(誹謗の)ことばに反発する。 かれらは浅はか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

恐怖なく けがれない人 生存の 欲を捨て去り 最後の身体(351)及び(352)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 勇気のある人も、 怖いという気持ちはあるのです。 死にたくないという気持ちがあれば、 死ぬかもしれないと思う時、 怖いと思うのです。 ・・・ しかし、すべてを知って、 もう死んでもいいと思える人は、 怖いという思いはありません。 その人は修行の完成者、 大智慧者で大勇者です。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

多弁者を 賢者と言わない 穏やかで 怨み恐れない 人こそ賢者(258)

○子供のためのダンマパダ。 芸人は面白ことを たくさん話すけど、 ほとんど役に立たない。 お釈迦さまのお話は すべて役に立つ。 ○パーリ語原文と訳語 ナ   テーナ  パンディトー  ホーティ Na   tena    paṇḍito     hoti, ない  それで   賢者  …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

言葉での 怒りを押さえ 言葉での 悪行捨てて 善行を為せ(232)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ うそ、悪口、無駄話 これらは言葉でする悪いこと 正直、優しい言葉、必要な話 これらは言葉でする善いことです ○パーリ語原文と訳語 ワチーパコーパン  ラッケッヤ VacīpakopaM…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

朝起きて 無益な言葉 千よりも 心静まる 一つの言葉(100)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 サハッサマピ   チェー  ワーチャー Sahassamapi    ce     vācā, 千の たとえ   もし   語句が アナッタパダサンヒター anatthapadasaṃhitā; 意…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

218. 言葉で語れない涅槃を志した人は

ダンマパダ 第16 愛の章 218 ================================ ~~~~~お 知 ら せ~~~~~ ◎すべての生命の幸せを願い、教えを説かれたお釈迦様の祝祭記念日 ウェーサーカ祭に興味のある方は下のアドレス(日本テーラワーダ仏教教会HP) を是非クックして下さい。http://ww…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

133.134.粗暴な言葉を言うなかれ

ダンマパダ 第10 暴力の章 133、134 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 粗暴な言葉を言うなかれ 言われた…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

落ち着いて経典の意味説く比丘の語る言葉は甘味なりけり(363)

ダンマパダ 第25章 比丘 363 言葉を制御し、経典を語り 落ち着いている比丘が 真理の意味を明らかにする その語られる言葉は甘味です ○この詩の蛇足  人間どうしが理解しあうことは、不可能くらいに難しいことです。話す人は自分の感じ方、考え方で話します。聞く人は聞く人の感じ方、考え方で聞くからです。そこで話され…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

言葉では語れぬ世界こころざし愛欲捨てた聖者は不還果

ダンマパダ 218 言葉で語れない世界を志し 心にそれがゆきわたり 五欲に執着のない人は 不還果聖者と呼ばれる ○この詩から学ぶこと  この詩で「言葉で語れない世界」とは涅槃のことであります。また、「不還果聖者」とは何かは、前回の「この詩から学ぶこと」に詳しく書きましたから、そちらを参照して下さい。  「言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乱暴な言葉を使うな不愉快だ言われた人は言い返すだろう

ダンマパダ 133、134 乱暴な言葉を使うな 言われた人々は言い返すだろう 怒りの言葉は不愉快である 報復が汝に及ぶだろう (133) こわれたドラのように 汝自身が冷静であるならば これが涅槃の境地である 汝には怒りの言葉はない (134) ○この詩から学ぶこと  この詩は「言葉」について述べられ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

粗野でなく分かりやすくて嘘もなく愛語を語る彼はバラモン

ダンマパダ 408 粗野でなく分かりやすくて 真実の言葉を語り 誰も不機嫌にしない人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと  今日も昨日の話の続きを少ししたいと思います。昔は景気が悪くなったからと言って、すぐ従業員の解雇するということはなかったと思います。(例外はもちろんありました。)企業が非正規社員の採…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more