テーマ:二種の観察経

欲深く 流れのままに 生きる人 実に真理を 覚ることなし<764>と<765>

○少年少女のためのスッタニパータ<764.765と後の散文> ・・・ 真理を覚るのは聖者のみ。 しかし皆さんも、 聖者と同じ人間です。 聖者になったらどうですか。 第3 大きな章 12.二種の観察経 41.42. ○中村元先生訳 764 生存の貪欲にとらわれて、 生存の流れにおし流され、 悪魔の領土に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

聖者らは 身体の減弱 楽と観る 世間の見方と 正反対だ<761>と<762><763>

○少年少女のためのスッタニパータ<761.762.763.> ・・・ 歳を取ると身体が 急に動きませんから、 あわてません。 それは良いことかな。 第3 大きな章 12.二種の観察経 38.39.40. ○中村元先生訳 761 自己の身体(=個体)を断滅することが「安楽」である、 と諸々の聖者は見る。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

色かたち 音と香りと 味わいと 触感・想いに 楽ありと思う<759>及び<760>

○少年少女のためのスッタニパータ<759前の散文と759.760.> ・・・ 皆が好きなもの 楽しいと思うものが 実は苦しみの種だと 聖者は知っている。 第3 大きな章 12.二種の観察経 36前の散文と36.37. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察すること…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

世の人は 我でないものを  我と思い これが真理と 考えている<756>及び<757><768>

○少年少女のためのスッタニパータ<756前の散文と756.757.758.> ・・・ 皆が正しいと思うことを、 聖者は間違っていると観る。 皆が間違っていると思うことを、 聖者は正しいと観る。 何故だろう。 第3 大きな章 12.二種の観察経 33前の散文と33.34.35. ○中村元先生訳  「修行僧たち…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

色界に 生まれた者と 無色界に 生まれた者も この世に戻る<754>及び<755>

○少年少女のためのスッタニパータ<754前の散文と754.755.> ・・・ 世間の人は 心が高まりを喜ぶが 聖者は 心の静けさを喜ぶ。 第3 大きな章 12.二種の観察経 31前の散文と31.32. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

依存者は 動揺するし とらわれる 依存なければ 輪廻を超える<752>及び<753>

○少年少女のためのスッタニパータ<752前の散文と752.753.> ・・・ いつまでも 何かに甘えている人は、 いつまでも 不安と恐怖がなくなりません。 第3 大きな章 12.二種の観察経 29前の散文と29.30. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察するこ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

苦しみは 動揺の縁で 発生す 動揺なくせば 苦しみ消える<750>及び<751>

○少年少女のためのスッタニパータ<750前の散文と750.751.> ・・・ 心に感情が現れると 心は動揺する。 心が動揺すると 心は苦しむことになる。 第3 大きな章 12.二種の観察経 27前の散文と27.28. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察すること…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

苦しみは 食を縁にして 発生す 食が消えれば 苦しみ消える<747>及び<748.749.>

○少年少女のためのスッタニパータ<747前の散文と747.748.749.> ・・・ 人間の食べものは物質ですが、 神々の食べものは精神的なものです。 アスラの食べものは怒りです。 地獄の生命の食べものは苦しみです。 第3 大きな章 12.二種の観察経 24前の散文と24.25.26. ○中村元先生訳  「修…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

頑張りで 苦しみ生まれる 頑張りを 止めればすぐに 苦しみなくなる<744>及び<745.746.>

○少年少女のためのスッタニパータ<744前の散文と744.745.746.> ・・・ 頑張ることが 大切だと言われるが、 ここではそれが よいとは言わない。 第3 大きな章 12.二種の観察経 21前の散文と21.22.23. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

執着の 因縁により 生がある 生まれた者は 死苦があるなり<742前の散文と742.743.>

○少年少女のためのスッタニパータ<742前の散文と742.743.> ・・・ 執着があると なんとしてでも生きたいと思う。 それがあるから 死んでも生まれ変わる。 第3 大きな章 12.二種の観察経 19前の散文と19.20. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

渇愛は 苦の原因だと よく知って 比丘は眼を開け 遍歴すべき<740前の散文と740.741.>

○少年少女のためのスッタニパータ<740前の散文と740.741.> ・・・ 好きなものを見ると ほしいと思う。 これが渇愛です。 第3 大きな章 12.二種の観察経 17前の散文と17.18. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

楽と苦と 不苦不楽でも 感覚が 自分に或は 他人にあれば<738前の散文と738.739.>

○少年少女のためのスッタニパータ<738前の散文と738.739.> ・・・ 好ましい感覚からも苦が生まれます。 それがなくなるのが嫌だからです。 しかし、好ましい感覚も消えるのです。 第3 大きな章 12.二種の観察経 15前の散文と15.16. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

接触は 感官・対象 識別作用 これらの和合で 苦しみ生まれる<736前の散文と736.737.>

○少年少女のためのスッタニパータ<736前の散文と736.737.> ・・・ 何かを見たり 聞いたりするときは 眼や耳その他に 色や形と音と 脳(心)が必要です。 第3 大きな章 12.二種の観察経 13前の散文と13.14. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

どんな苦も すべて識による その故に 識が消えれば 苦は現れぬ<734前の散文と734.735.>

○少年少女のためのスッタニパータ<734前の散文と734.735.> ・・・ 我々は苦を避け、楽を求め とにかく死にたくないと 思っているので、 正しく知ることができません。 第3 大きな章 12.二種の観察経 11前の散文と11.12. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことが…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

どんな苦も すべて行による その故に 行が消えれば 苦は現れぬ<731>及び<732><733>

○少年少女のためのスッタニパータ<731前の散文と731.732.733.> ・・・ 心は波です。 いつも揺れ動いているのです。 この波を作り出している力が 潜在的形成力です。 サンカーラあるいは行(ぎょう)とも言います。 第3 大きな章 12.二種の観察経 8前の散文と8.9.10. ○中村元先生訳  「…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

繰り返し 輪廻に戻る 人々の 行く着く先は 無明の世界<729前の散文と729.730.>

○少年少女のためのスッタニパータ<729前の散文と729.733.> ・・・ 無明とは分かってないこと。 分かってないから 上手くいかない。 上手く行かないから苦しい。 第3 大きな章 12.二種の観察経 6前の散文と6.7. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

謹賀新年。どんな苦も 生存の基礎 これにより 現れるから 基礎をつくるな<728前の散文と728>

○少年少女のためのスッタニパータ<728前の散文と728> ・・・ いろいろな苦しみは 願い求めるからです。 願い求めなければ 苦しみはありません。 第3 大きな章 12.二種の観察経 5前の散文と5. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

苦を知らず 生起を知らず 滅知らず 滅する道を 知らない人々<724>及び<725~727>

○少年少女のためのスッタニパータ<725.~727.> ・・・ 欲ない人になることは 素晴らしい。 さらに智慧ある人になることは もっと素晴らしい。 第3 大きな章 12.二種の観察経 1~4. ○中村元先生訳 724 苦しみを知らず、 また苦しみの生起するもとを知らず、 また苦しみのすべて残りなく滅…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

二種類の 観察すれば 解脱する 苦の現れと 苦の消滅だ<724の前の散文>

○少年少女のためのスッタニパータ<724の前の散文> ・・・ 物事の始まりと 終わりを知れば 多くのことが 分かってくる。 第3 大きな章 12.二種の観察経 1の前の散文 ○中村元先生訳  わたしが聞いたところによると、──或るとき尊師はサーヴァッティーの[郊外にある]東園にあるミガーラ(長者)の母の宮殿の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more