テーマ:

最高の 味は何かと 問うならば 遠離の味と 寂静の味<257>

○少年少女のためのスッタニパータ257(5) ・・・ 孤独は嫌だと 思うかもしれないが、 これがチャンスと思って 自分自身を見つめてごらん。 257.第2 小さな章 3.恥経 5. ○中村元先生訳 257 遠ざかり離れる味と 平安となる味とを味わって、 法の喜びの味を味わっている人は、 苦悩を離れ、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

205.遠離の味とそしてまた静寂の味を飲むならば

ダンマパダ 第15 安楽の章 205 ================================ ~~~~~お 知 ら せ~~~~~ ◎すべての生命の幸せを願い、教えを説かれたお釈迦様の祝祭記念日 ウェーサーカ祭に興味のある方は下のアドレス(日本テーラワーダ仏教教会HP) を是非クックして下さい。http:/…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

覚者から何も学べぬ愚か者スープの味が分からぬ匙だ

ダンマパダ 64、65 愚か者は生涯 悟った人に仕えても 真理を知ることがない 匙がスープの味が分からぬように 賢い者は僅かな時でも 悟った人に仕えるならば 真理を理解する 舌がスープの味が分かるように ○この詩から学ぶこと  この詩は前回のダンマパダ63番を踏まえてのものです。つまり、自分が愚か者で…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more