テーマ:慈経

一切の生きとし生けるものは幸せであれ

久しぶりに、スッタニパータの第1章8 慈しみ(慈経)を中村元訳「ブッダの言葉」(岩波文庫)から引用します。 (以下引用) 143 究極の理想に通じた人が、この平安の境地に達してなすべきことは、次のとおりである。 能力あり、直く、正しく、ことばやさしく、柔和で、思い上がることのない者であらねばならぬ。 144 足るこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

慈しみ これさえあれば 邪見なし 戒は守られ 執着もない<再152>

○ワン爺さんの独り言<152> ・・・ ブッダの言葉を信じ 慈悲の心を実践すれば 何時かは必ず解脱する 第1 蛇の章 8.慈経 10. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 152(10) [このように実践する人は] 邪見を乗り越え、 常に戒を保ち、正見を得て、 諸々の欲望に対する執着をなくし、 もう二度と母体…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

立つときも 歩くときでも 寝ていても 慈愛があれば 梵天と同じ<再151>

○ワン爺さんの独り言<151> ・・・ 朝起きたら家族が幸せでありますように、 昼間は仲間が幸せでありますように、 夕方は知らない人々も幸せでありますように、 夜は生きとし生けるものが幸せであるように。 第1 蛇の章 8.慈経 9. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 151(9) 立っている時も、歩いている時も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上下も 四方八方 生命に 慈愛の心 起こすべし<再150>

○ワン爺さんの独り言<150> ・・・ すべての生命に慈しみの心を 持つと言うことは、 眼の前の人がどんな人でも 慈しみの心を持つということです。 第1 蛇の章 8.慈経 8. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 150(8) 慈しみの心を、一切世間(すべての生命)に対して 限りなく育てることです。 上に、下…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

母親が その一人子を 守るように 全生命を 慈しみましょう<再149>

○ワン爺さんの独り言<149> ・・・ 無始なる輪廻のなかで、 私の家族ではなかった生命はいません。 ですからすべての生命を 家族として慈しみましょう。 第1 蛇の章 8.慈経 7. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 149(7) あたかも母が、たった一人の我が子を、 命がけで守るように、 そのように全ての…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

他の人を 軽んずるな 欺くな 怒るな怒鳴るな 不幸望むな<再148>

○ワン爺さんの独り言<148> ・・・ 他人の不幸を 望んだり、喜ぶ人は 自分の墓穴を掘っていることに 気付いて下さい。 第1 蛇の章 8.慈経 6. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 148(6) どんな場合でも、ひとを欺いたり、 軽んじたりしてはいけません。 怒鳴ったり、腹を立てたり、 お互いにひとの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

動くもの 動かぬものも 生きものは 幸多かれと 願うべきなり<再146>及び<再147>

○ワン爺さんの独り言<146><147> ・・・ 東西南北上下にいる すべての生命をイメージして下さい。 神々や地獄の生命、 熱帯地方や南極、北極にいる生命など すべての生命の幸せを願って下さい。 第1 蛇の章 8.慈経 4.5. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 146(4) いかなる生命であろうともことご…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

過ちは 犯さぬように 注意する 命あるもの 幸せであれ<再145>

○ワン爺さんの独り言<145> ・・・ 「生きとし生けるものは 幸せであれ」という言葉は 誰にも、どこからも 批判することはできない。 第1 蛇の章 8.慈経 3. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 145(3) [智慧ある] 識者達が批判するような、 どんな小さな過ちも犯さないように。 幸福で平安でありま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

足るを知り 手が掛からずに 雑務なく 簡素に暮らし 落ち着いている<再144>

○ワン爺さんの独り言<144> ・・・ 私は足ることを知り、雑務すくなく、 簡素に暮らしてはいますが、 感覚器官が落ち着いていない時があり、 まだまだ賢明ではないと思っています。 第1 蛇の章 8.慈経 2. 144.第1 蛇の章 8.慈経 2. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 144(2) 足ることを…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

目的を よくわきまえた 修行者は まず性格を 正すべきなり<再143>

○ワン爺さんの独り言<143> ・・・ 生きとし生けるものが幸せでありますように 生きとし生けるものが幸せでありますように 生きとし生けるものが幸せでありますように 第1 蛇の章 8.慈経 1. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 143(1) [解脱という] 目的をよくわきまえた人が、 静かな場所に行ってなすべ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

無我の時 慈しみあり 邪見なし 戒は守られ 執着もない<152>

○少年少女のためのスッタニパータ152. ・・・ みんなが 幸せであればいいな みんなに 良いことがあればいいなと 思える人は幸せです。 152.第1 蛇の章 8.慈経 10. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 152(10) [このように実践する人は] 邪見を乗り越え、 常に戒を保ち、正見を得て、 諸々…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

立つときも 歩くときでも 寝ていても 慈愛があれば 梵天と同じ<151>

○少年少女のためのスッタニパータ151. ・・・ 家族や先生や友だちに会った時は 挨拶をします。 その後に、 「幸せでありますように」 と声に出さずに、念じてみよう。 (たとえ、その人たちが嫌いでも) 151.第1 蛇の章 8.慈経 9. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 151(9) 立っている時も、歩い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

上下も 四方八方 生命に 慈愛の心 起こすべし<150>

○少年少女のためのスッタニパータ150. ・・・ 慈しみの心とは わだかまりのない心、 恨みのない心、 敵意のない心です。 150.第1 蛇の章 8.慈経 8. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 150(8) 慈しみの心を、一切世間(すべての生命)に対して 限りなく育てることです。 上に、下に、横(周り)に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

母親が その一人子を 守るように 全生命を 慈しみましょう<149>

○少年少女のためのスッタニパータ149. ・・・ あなたのお母さんが あなたを育てたように、 全生命に対する 優しい心を育てましょう。 149.第1 蛇の章 8.慈経 7. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 149(7) あたかも母が、たった一人の我が子を、 命がけで守るように、 そのように全ての生命に対し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

他の人を 軽んずるな 欺くな 怒るな怒鳴るな 不幸望むな<148>

○少年少女のためのスッタニパータ148. ・・・ 友達を無視したり だましたりしてはいけません。 腹を立てて 相手の不幸を望んではいけなせん。 148.第1 蛇の章 8.慈経 6. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 148(6) どんな場合でも、ひとを欺いたり、 軽んじたりしてはいけません。 怒鳴ったり、腹…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

動くもの 動かぬものも 生きものは  幸多かれと 願うべきなり<146>及び<147>

○少年少女のためのスッタニパータ146.147. ・・・ クジラや象やキリンやカバ ライオンやトラやヒヨウ 牛や馬や羊や犬や猫 カラスやハトやスズメ ヘビやカエルやカメ 想い出せる生きものを想いだして それらの幸せを願ってください。 146.147.第1 蛇の章 8.慈経 4.5. ○日本テーラワーダ仏教…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

過ちは 犯さぬように 注意する 命あるもの 幸せであれ<145>

○少年少女のためのスッタニパータ145. ・・・ 賢い人がいけないと言うことは 小さなことでもしないこと。 生きとし生けるものが 幸せでありますように。 145.第1 蛇の章 8.慈経 3. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 145(3) [智慧ある] 識者達が批判するような、 どんな小さな過ちも犯さないよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

足るを知り 手が掛からずに 雑務なく 簡素に暮らし 落ち着いている<144>

○少年少女のためのスッタニパータ144. ・・・ 少年少女にとって大切なことは、 育てやすい性格を持つことです。 手が掛からないことです。 わがままでなく、 自分のことは自分で行うことです。 144.第1 蛇の章 8.慈経 2. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 144(2) 足ることを知り、手が掛からず、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生き方を よくわきまえた 修行者は まず性格を 正すべきなり<143>

○少年少女のためのスッタニパータ143. ・・・ 立派な生き方を しようと思うならば、 素直で、正直で 言葉を優しく 穏やかで 高慢にならないように 143.第1 蛇の章 8.慈経 1. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 143(1) [解脱という] 目的をよくわきまえた人が、 静かな場所に行ってなすべき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スッタニパータの構成

スッタニパータはどんなお経かを知るために、構成を調べてみましょう。 5つの章72の経からなり、1149の偈(詩)で構成されています。 スッタニパータをまだお読みでない方は、なじみのないお経の集まりのように感じるでしょうが、この中にはよく知られたお経もあるのです。例えば、日本テーラワーダ仏教協会の「日常読誦経典」に採用されてい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more