テーマ:江戸時代の逸話

聖求を持つ機縁

ワン爺の独り言(2017年12月16日) 「聖求(正しく求めるこころ)はあっても信仰に欠けていてはとても覚ることはできない。他ならぬ自分自身を信じること。それが信仰である。しかしそれは口で言うほど簡単なことではない。人々(衆生)は、自分を信じることができないでいるからである。」とSRKWブッダは言われます。 http://www.g…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more