テーマ:

釈迦牟尼は 八正道の 教示のみ 実践するのは 仏弟子たちだ(276)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 教えるのは 先生の仕事。 理解して、賢くなるのは 生徒の仕事。 ○パーリ語原文と訳語 トゥンヘーヒ  キッカマータッパン Tumhehi     kiccamātappaṃ, 汝らは実に   為すべきことを熱く為せ アッカーターロー  タター…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

苦しみの 矢を引き抜いて 我々に ブッダが示す 八正道(275)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ この道を進めば、 幸福の国に行けますよ。 私はこの道で幸福の国に行ったので 君たちにこの道を教えるのです。 ○パーリ語原文と訳語 エータンヒ  トゥンヘー  パティパンナー Etañhi     tumhe    paṭipannā, こ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

見解を 正す方法 八正道 実践すれば 悪魔が困る(274)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 仏教は宗教でなく科学ですよ。 実験して試して下さい。 怒ったら幸せになりますか? 親切にしたら幸せになりますか? ○パーリ語原文と訳語 エーソーワ  マッゴー  ナッタンニョー Eso'va     maggo   natth'añño, この こそ  …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

八正道 聖なる真理 離貪まで 説いたからこそ ブッダは最高(273)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ どんな道が一番だろう? 学校に行く道かな、 アメリカに行く道かな、 幸せになる道が最高でしょう。 ・・・ どんな人が一番だろう? スポーツ選手かな、 芸能人かな、 人類の先生が最高でしょう。 ○パーリ語原文と訳語 マッガーナッタンギコー   セットー Magg&#…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

288.289.涅槃に至る道をすぐに清めるように

ダンマパダ 第20 道の章 288、289 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 死魔に支配された者に 子らも…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

287.子供や家畜に夢中になって、それらに執着している人を

ダンマパダ 第20 道の章 287 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 子供や家畜に酔い痴れて 心が執着して…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

286.愚か者は考える、死がせまっているのを知らないで

ダンマパダ 第20 道の章 286 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 私はここで雨期を過ごそう ここで冬と…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

285.自己の愛執を断つがよい秋の蓮を手で断つように

ダンマパダ 第20 道の章 285 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 自己の愛執を断つがよい 秋の蓮を手で…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

283.284.乳を飲む子牛が母をしたうように男は女に執着する

ダンマパダ 第20 道の章 283、284 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 林を切れ、木を切るな 恐怖は…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

282.瞑想あれば智慧生じ

ダンマパダ 第20 道の章 282 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 瞑想あれば智慧生じ 瞑想なければ智慧…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

281.言葉をつつしみ心をよく制御して身体によって不善を行わない

ダンマパダ 第20 道の章 281 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 言葉を慎み、意をよく護り 身により不…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

280.怠け者は智慧で道を見出せない

ダンマパダ 第20 道の章 280 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 務めるときに務めない 若く力があって…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

279.すべての事物は無我である

ダンマパダ 第20 道の章 279 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します あらゆる法は無我なり、と 智慧をもっ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

278.すべての現象は苦(無意味)である

ダンマパダ 第20 道の章 278 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します あらゆる行は苦なり、と 智慧を持って観る…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

277.すべての現象は無常である

ダンマパダ 第20 道の章 277 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します あらゆる行は無常なり、と 智慧を持って観…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

274~276.見解を正しくする道は八正道の他にはない

ダンマパダ 第20 道の章 274~276 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します この道のほかに道はない 見が清ま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

273. 道の中では八正道が最高

ダンマパダ 第20 道の章 273 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 道(どう)においては八支(はっし)が最上 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

子も父も死神からは守れない親類縁者も守れないのだ(288)この道理賢者は知って戒守り涅槃に至る道を清

ダンマパダ 288、289 子供も救えない 父や親族も救えない 死神に襲われた人を 親類縁者も救えないのだ(288) この道理を知って 賢者は戒により制御して 涅槃に至る道を すぐに清めるように (289) ○この詩から学ぶこと  この二つの詩のテーマである「死」をよく理解するために、非常に参考になる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

執着のある人々を死神は洪水のように奪い去るのだ

ダンマパダ 287 子供や家畜に夢中になって それらに執着している人を 眠っている村を大洪水が襲うように 死神は彼を奪い取って行く(287) ○この詩から学ぶこと  この詩は今年の1月31日に紹介した47番の詩と1行目を除いて、2行目から4行目は同じ言葉なのです。 花ばかり摘んでいるように それらに執着し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

この年の雨の季節はここに住む明日死ぬことを知らずに思う

ダンマパダ 286 雨期にはここで住もう 冬と夏はここで住もうと 愚か者は考える 死がせまっているのを知らないで ○この詩から学ぶこと  この詩のできた因縁物語を、スマナサーラ長老の法話から以下に引用します。  お釈迦様の時代、マハーダナという商人がいました。ベナレスから商品をもって舎衛城にきました。川が溢…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハスの花手で折るように自己愛を切り取り捨てて涅槃に進め

ダンマパダ 285 秋のハスを手で切る取るように 自分の愛着を切り取れ 寂静への道のみを育成せよ 涅槃は仏陀の説かれたものだ ○この詩から学ぶこと  この詩の意図は、この詩ができた因縁物語を知らないと理解できません。美しい花であるハスに意味があるのです。ブッダが教えた瞑想法は大きく分けると、サマタ瞑想法とヴィパ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

欲の森恐怖の森を切り倒し欲望のない涅槃者であれ(283)

ダンマパダ 283、284 森を切り倒せ、木ではない 森(欲)から恐怖が生まれる 森も繫みも切り倒し 比丘たちよ、欲のない(涅槃)者であれ(283) 欲の繁みが切り取られない限り 女への男の欲が少しでもあれば 乳を飲む子牛が母をしたうように 男は女に執着する (284) ○この詩から学ぶこと …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

瞑想で智慧が生じる生じては滅する真理を体得すべし

ダンマパダ 282 瞑想から智慧が生じ 瞑想がなければ智慧は滅する 生じることと滅すること この二つの道を知って 智慧を増やすように 自分を確立させること ○この詩から学ぶこと  前回は、ヨーガを修行と訳しました。今回は瞑想と訳しました。この詩では智慧の内容を 「生じることと滅すること この二つの道を知って…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

まず言葉心と体三行為清めるならば道は完成

ダンマパダ 281 言葉を守り、心をよく制御して 身体によって不善を行わない これら三つ行為を清めるならば 仏陀の説かれた道を完成するだろう ○この詩から学ぶこと  日本の若者は、学生時代を終わって、社会に出る時、すなわち就職を目標にして生きているように思います。これは今も昔も変わらないようです。親もそのように…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

若くても思考も意志も怠け者真理の道を見出せないぞ

ダンマパダ 280 為すべき時に為さない者 若く力のある時に怠けている者 元気なく、思考も意志も怠けている者 怠け者は智慧で道を見出せない ○この詩から学ぶこと  この詩の基本的な解説は、前回書きました。「怠け」の定義は「為すべき時に為さないこと」と書きました。ですから、休むべき時、休むことは怠けではないので…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一切の法は無我だと知るならば苦から離れて清らかになる

ダンマパダ 279 すべての事物は無我だと 智慧によって見る時 苦を厭い離れる これは清浄への道である ○この詩から学ぶこと  277番、278番、279番は仏教の重要な教えに関する詩です。それぞれ、無常、苦、無我です。 その内容を本当に理解することは、どれも難しいのですが、スマナサーラ長老は、だんだん難…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

一切の現象が苦と知るならば苦から離れて心清らか

ダンマパダ 278 すべての現象は苦だと 智慧によって見る時 苦を厭い離れる これは清浄への道である ○この詩から学ぶこと  この詩を理解する助けになるお経「五蘊は苦なり」(増谷文雄著「阿含経典による仏教の根本聖典」P89 南伝 相応部経典22、13)がありましたので以下に引用させて頂きます。  かよう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

一切の形あるもの無常だと知れば心は清らかになる

ダンマパダ 277 すべての現象は無常であると 智慧によって見る時 苦から厭い離れる これは清浄への道である ○この詩から学ぶこと  この詩を理解する助けになるお経「過去・未来・現在」(増谷文雄著「阿含経典による仏教の根本聖典」P82 南伝 相応部経典22、9)がありましたので以下に引用させて頂きます。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

見解を正す方法八正道実践すれば悪魔が困る(274)

ダンマパダ 274~276 見解を正しくする道は 八正道の他にはない この道を実践せよ これは悪魔の困る道なのだ (274) 八正道を実践する汝らは 苦を終わりにする 矢(苦)の抜き取り方を知て 私によってこの道は示されたのだ(275) 汝らはなすべきことを熱く為せ 仏陀は教示するだけだ 八正道を歩む冥…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

八正道聖なる真理離貪まで説いたからこそブッダが最高

ダンマパダ 273 道の中では八正道が最高 真理の中では四聖諦が最高 目的の中では離貪が最高 人間の中ではブッダが最高 ○この詩から学ぶこと  この273番から「第20 道の章」が始まります。  世の中は混乱しています。人々は悩み、苦しんでいます。なぜでしょうか? 進むべき道は分からないからです。人々は苦し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more