テーマ:正法

「量子コンピュータと覚り」

「コンピュータ将棋の歴史を全解説」という動画があります。 https://www.youtube.com/watch?v=Wqtq5b_S_Us この動画では、将棋という複雑なゲームにはコンピュータは活用できないと思われた時代から、AI(人工知能)の発達により、プロの将棋棋士との勝負に勝つという時代への歴史が、面白く、わかりやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブログのコメント」

昨日は、あさみさんから次のようなコメントを頂きました。 「法津ブログを毎日読むことで心を新たにしています。 私もそのような静かな境地に行きたい、と心から思います。 今後も拝読させていただきます。」 大変ありがたいです。 「ダンマパダ」とか「スッタニパータ」或いは「仏道の真実++」など経典を決めて少しずつ解説すること…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【経典の読誦】(4)

(以下引用) 【経典の読誦】(4) したがって、とくに大乗経典を読誦することの一番の意味は正法を知ることにある。 ただし、経典の中のどの部分が正法であるかは明らかには示されていない。 覚った人だけが、それぞれの経典の正法の記述部分を指し示すことができるのである。 あるいは、覚ったときに経典のどの部分が正法で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【仏教の知識】(2)

(以下引用) 【仏教の知識】(2)  なお、正法は智慧の姿形を記したものではない。 その出現の様子や作用効果について述べたものである。 例えば、世にも素晴らしい楽器があったとしよう。 そして、この宝を探している人はこの宝の本当の意味も姿形も知らない。 ここで、宝が何であるかを記した文章としては「美しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第31章 心 39偈

39 覚(さとり)のよすがに心を正しくおさめ、貪り取ることを捨て去って、執著のない境地に依存し、煩悩を滅ぼし尽くして過ちを除き去った人々は、この世にあっても、全く解きほごされて安らいでいるのである。  (ダンマパダ89 覚りのよすがに心を正しくおさめ、執着なく貪(むさぼ)りを捨てるのを喜び、煩悩を滅ぼし尽くして輝く人は、現世におい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第23章 自己 17偈~19偈

17 この世では自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか? 賢者は、自分の身をよくととのえて、天の世界に生れる。 18 この世では自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか? 賢者は、自分の身をよくととのえて、永く天の世界にあって楽しむ。 19 (訳文は前の詩と同じ) (中村元訳「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第21章 如来 9偈、10偈

9 正しいさとりを開き、つねに幸(さち)あり、瞑想に専念している思慮ある人々は、世間から離れた静けさを楽しむ。神々でさえも、かれを羨む。  10 正しくさとりを開いた人々、誉れあり、速やかに知能がはたらき、最後の身体をたもっている人々を、神々も人間たちも羨むのである。 (ダンマパダ180 正しいさとりを開き、念いに耽り、瞑想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第19偈

19 眠れない人には夜は長く、疲れた人には一里の道は遠い。正しい真理を知らない愚かな者にとっては、生死の道のりは長い。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント この感興句はダンマパダ60偈と同じです。この偈の解説は2回しております。そのアドレスは次の通りですが、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

膨大な経典?

ワン爺の独り言(2017年12月18日) 何かの縁で仏教に興味を持ち、仏教書を読み始めると「膨大な経典」に驚かされます。しかし、「仏教の根幹は正法であり、経典によって言い方は違うが、それぞれ文字数にして十数文字~数十文字で表 すことができるものに過ぎない。」と言うことを知っていれば、その後の修行に役に立ちます。 http://www…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

正法によって覚る

ワン爺の独り言(2017年11月6日) 「ころある人は如来の言葉を聞いて正法の何たるかを理解し、信じた正法によってまさしく覚りに到達せよ。」とSRKWブッダは述べています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou266.htm (以下引用) 【正法によって覚る】 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

覚りはまぐれではない

ワン爺の独り言(2017月11月2日) 「覚りはまぐれではない。かと言って覚りは運命でも宿命でもない。覚りは因縁によるものであり、そのことは普遍の、確固たる事実なのである。」とSRKWブッダは述べられています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou262.htm (以下引用…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

法華経の不思議

ワン爺の独り言(2017年9月18日) 法華経の内容は知らなくとも、名前だけは知っている日本人は多いと思います。特に、日蓮宗ではその題目だけ唱えれば功徳があると教えていますからなおさらです。しかし、その内容を知り、またその大切なところ(正法)を知れば、その功徳は計り知れないものがあると思います。 http://www.geociti…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「偽経」と「真実に法(ダルマ)を伝える経典」

ワン爺の独り言(2017.5.29.) 「この世には、真実に法(ダルマ)を伝える経典がある。その一方で、<偽経>と称すべき典籍があるのも事実である。」とSRKWブッダは述べておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou125.htm (以下引用) 【偽経】 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more