テーマ:まるで分からない人

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【観(=止観)】(3)

(以下引用) 【観(=止観)】(3)  さて、次に観のあり得べき進行について述べたい。要するに、正しい観はどのようにして為されるのであるかということの説明である。  ● 観は、最初から最後まで基本的に修行者が好きに行ってよいものである。つまり、何をどのように観じてもよいのである。それが自然と正しい観に収束することになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more