テーマ:神々

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第20章 怒り 16偈

16 真実を語れ。怒るな。乏しいなかから与えよ。これらの三つの事を具現したならば、(死後には天の)神々のもとに至り得るであろう。  (ダンマパダ224 真実を語れ。怒るな。請われたならば、乏しいなかから与えよ。これらの三つの事によって(死後には天の)神々のもとに至り得るであろう。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 16B偈

16B ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、昼も夜も神々を念じている。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 仏教では、一神教の神とは違って神は一人ではありません。無限と言ってもよいほど多数です。善行為をした人々は死後、神々に生まれ変わると言われています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第5章 愛するもの 10偈

10 神々の群れは、愛する好ましいかたちの楽しみに結ばれて、別々に住んでいるが、(楽しみ極まって)殃(わざわ)いを招き、あわれにも死王の支配に屈してしまう。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 今回の偈を理解するために参考になる文章が、SRKWブッダ著の電子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神々と 世の人々が 見る前で 暗黒除き 法楽受ける<956>

○少年少女のためのスッタニパータ<956> ・・・ 普通の人間には神々の姿は見ないが、 何かよいことをすると、 神々が見ているような気がするものだ。 第4 八つの詩句の章 16.サーリプッタ経 2. ○毎田周一先生訳 956. 神々と世の人々とが じっと見ているその前で 『眼ある方』は 一切の暗黒を除き去…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

神が勝ち 阿修羅が負けた その時も 身の毛のよだつ 歓喜なかった<681>

○少年少女のためのスッタニパータ<681> ・・・ 神々と阿修羅が戦争をする前は 阿修羅も神々の一員でした。 しかし、彼らは戦い、負けたので、 阿修羅になりました。 第3 大きな章 11.ナーラカ経 3. ○中村元先生訳 681 たとえ阿修羅との戦いがあって、 神々が勝ち阿修羅が敗れたときにも そのよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

龍の中の 龍たる勇者が 説く時は すべての神々 大歓喜する<543>

○少年少女のためのスッタニパータ<543> ・・・ ブッダの解答に サビヤさんだけでなく 現代の私達も 神々も喜ぶ。 第3 大きな章 6.サビヤ経 34. ○中村元先生訳 543 象の中の象王であり 偉大な英雄であるあなたが説くときには、 すべて神々は、 ナーラダ、パッバタの両[神群]とともに随喜し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神々は 刃が牛に 落ちた時 不法なことだと 泣き叫んだ<310>

○少年少女のためのスッタニパータ310. ・・・ 殺生の衝撃は 地上から梵天の世界まで 一瞬で伝わる。 隠すことは出来ない。 その反動は必ずある。 スッタニパータ310. 第2 小さな章 7.バラモン法経 27. ○中村元先生訳 310 刃が牛におちるや、 そのとき神々と祖霊と 帝釈天と阿修羅と羅刹…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more