テーマ:観(=止観)

観(=止観)について

SRKWブッダは観(=止観)について、ホームページ「覚りの境地」の「理法」の欄で解説されています。 長文ですので、その前文を引用します。また本文については参考のために項目のみを引用します。 是非、時間のある時にじっくりとお読みください。 http://srkw-buddha.main.jp/rihou004.htm (以下引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の読者からの電話(続き)

昨日の続き、本題にはいりますが、あまり具体的なことはプライバシーに関わりますので、曖昧な表現になります。 彼は、10年ほど前の出来事について心を悩ませていました。 その出来事を思い出すと、単なる恨みというよりは激しい憎しみという感情が湧き上がってきたと言っていました。 何かのおりに度々その出来事を思い出し、憎しみの感情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 20偈

20 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、その心は瞑想(禅定)を楽しんでいる。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント ダンマパダ271、272偈は次の通りであります。 「わたしは、出離の楽しみを得た。それは凡夫の味わい得ないものである。それは、戒律…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公案に取り組む

ワン爺の独り言(2018年4月29日) 「公案に取り組み、以て観(=止観)を完成させた人は、目が開き耳が通じる。」とSRKWブッダは言われます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana109.htm (以下引用) 【公案に取り組む】

 目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺悔

ワン爺の独り言(2018年3月8日) 「もし人が、正しい省察を為し、為し遂げて、『少なくともそのことについては決して人を悲しませないようにするのだ』と決心するならば、それを〈懺悔〉と呼ぶ。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana056.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

公案の功罪

ワン爺の独り言(2018年2月14日) 「たとえ、公案を縁として覚りの境地に至った人がいることを耳にしたとしても、だからといって公案が修行に役立つ特別なものであると見なしてはならない。」とはSRKWブッダの言葉です。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana034.htm (以…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

懺悔の根底にあるもの

ワン爺の独り言(2017年12月24日) 本物の懺悔は解脱と同時にーーおそらく解脱の直後に起こる感覚なのでしょう。ですから私にはわかりにくいですが、わかるような気がします。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou315.htm (以下引用) 【懺悔の根底にあるもの】 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が身にひき比べて

ワン爺の独り言(2017年11月18日) 観(=止観)の目的は人と世の真実の真相を知ることでありますので、相手を観察することが必要です。またそのためには「我が身にひき比べて」ということも必要なのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou279.htm (以下引用) 【我…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

観の奥義

ワン爺の独り言(2017年11月15日) 「観の奥義」をSRKWブッダが教えてくれると喜んではいけません。これがなかなか難しいのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou275.htm (以下引用) 【観の奥義】 人を覚りへと近づけ至らしめるこの一なる道には、いか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

苦の因とその滅

ワン爺の独り言(2017年10月15日) 苦しみの原因は色々あります。この原因の一つだけでもとり除ければ苦しみが無くなります。この理法では「聡明な人は、自ら為す観(=止観)によって苦の因の真相を知る。そして、ついに苦の因の滅(=智慧)を見い出して一切の苦悩から解脱するのである。」と教えています。 http://www.geociti…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

止(シャマタ)と観(ヴィパサナー)および定慧

ワン爺の独り言(2017年9月29日) サマタ(シャマタ)瞑想だとかヴィパサナー瞑想とか言われていますが、それらは別々には成り立たないものなのです。今回のSRKWブッダの理法を学んで正しく理解しましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou231.htm (以下引用) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

不生なるものの本質

ワン爺の独り言(2017年8月31日) 『世に出現した不生なるものを知り、その真実の意味を覚知する人があるならば、かれの一切の苦悩は終滅する』と言う言葉に、SRKWブッダの言いたいことはすべて言い尽くされているように思います。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou207.htm…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

観(=止観)のヒント

ワン爺の独り言 今回の理法は観(=止観)のヒントとして、一つの公案が提出されています。公案をよく知らない方は「なぞなぞ」のようなつもりでとけば良いと思いますが、実は奥が深く、観(=止観)の方法の一つになるということです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou179.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more