テーマ:依存

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 4偈

4 たとい僅かであろうとも、親族に対する人の欲望が断たれていないあいだは、その人の心はそこに束縛されている。___乳を吸う子牛が母牛を恋い慕うようなものである。  (ダンマパダ284 たとい僅かであろうとも、男の女に対する欲望が断たれないあいだは、その人の心はそこ束縛されている。___乳を吸う子牛が母牛を恋い慕うように。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

依存して保たれた身体によって

ワン爺の独り言(2017年10月16日) 何かに「依存することそれ自体は、覚りの障碍とはならない。しかしながら、依存して保った身体で悪を為すならばそれでは覚りは遠いこととなる。」とSRKWブッダは述べておられます。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou243.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

論争が あるところには 勝負あり それ故論争 避けるべきなり<828>

○少年少女のためのスッタニパータ<828> ・・・ 他人の評価でなく、 自分の志に従って 生きて生きたいものです。 第3 八つの詩句の章 8.パスーラ経 5. ○毎田周一先生訳 828. こんないい争いが道を修める人達の間に起こると 彼等の中に勝つと負けるとかいうことがあることになる こんなことをみてもひ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

依存して 他を批判する その態度 虎の威を借ると 人は言うなり<798>

○少年少女のためのスッタニパータ<798> ・・・ 自分の親・兄弟を自慢して 友達をばかにする人に 「君は親・兄弟に似てないね」と 言いたくなるよ。 第3 八つの詩句の章 4.最上八詩句経 3. ○毎田周一先生訳 自分の立場にとりついて外のものを劣っていると見る人自身が それこそ束縛そのものだと賢い人はいう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

依存者は 動揺するし とらわれる 依存なければ 輪廻を超える<752>及び<753>

○少年少女のためのスッタニパータ<752前の散文と752.753.> ・・・ いつまでも 何かに甘えている人は、 いつまでも 不安と恐怖がなくなりません。 第3 大きな章 12.二種の観察経 29前の散文と29.30. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察するこ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

涅槃知り 依存滅した 阿羅漢は この世において 正遊行する<374>

○少年少女のためのスッタニパータ374 ・・・ 人に頼る気持ち、 甘える気持ちを 断ち切らないと、 大人になれないよ。 スッタニパータ374. 第2 小さな章 13.正しい遍歴遊行経 16. ○中村元先生訳 374 究極の境地を知り、理法をさとり、 煩悩の汚れを断ずることを明らかに見て、 あらゆる<生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

束縛から 解放された 修行者は この世において 正遊行する<363>

○少年少女のためのスッタニパータ363. ・・・ 君はどんなことでも考えられる。 楽しいことも、楽しくないことも それなら、楽しいことを考えてみたら。 スッタニパータ363. 第2 小さな章 13.正遍歴遊行経 5. ○中村元先生訳 363 好ましいものも、好ましくないものも、ともに捨てて、 何ものにも執…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

世尊言う 家族と財産が 拠り所 拠り所こそが 悲しみのもと<34>

○少年少女のためのスッタニパータ34 ・・・ お釈迦様は言われます。 家族に依存するから悩む。 財産に依存するから悩む。 依存しなければ自由です。 34.第2 蛇の章 2.ダニア経 17 ○毎田周一先生訳 子を持つものは子ゆゑに悲しむ              と世尊はいはれた 牛を持つものは同じく牛ゆゑ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more