テーマ:非難

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第29章 ひと組みずつ 45偈

45 沈黙せる者も非難され、多く語る者も非難され、すこしく語る者も非難される。世に非難されない者はいない。   (ダンマパダ227 アトゥラよ。これは昔にも言うことであり、いまに始まることでもない。沈黙している者も非難され、多く語る者も非難され、すこしく語る者も非難される。世に非難されない者はいない。) (中村元訳「ブッダの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第8章 ことば 3偈

3 毀(そし)るべき人々を誉め、また誉むべき人々を毀る者___かれは口によって悪運をかさね、その悪運のゆえに幸(しあわ)せを受けることができない。 (スッタニパータ658 毀(そし)るべき人を誉(ほ)め、また誉むべき人を毀る者、___かれは口によって禍をかさね、その禍のゆえに福楽を受けることができない。) (中村元訳「ブッダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人からの 叱責・非難は 有り難い 敵意を持たず 感謝の言葉を<973>

○少年少女のためのスッタニパータ<973> ・・・ 叱られるのは嫌いでしょうが、 それは有り難いことです。 大人になるために 必要な言葉なのです。 第4 八つの詩句の章 16.サーリプッタ経 19. ○毎田周一先生訳 973. 人から非難されたら その言葉を深く考えて(よくこそいってくれたと)喜びを感ぜねば…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

修行者は 商売せずに 罵らず 交際もせず 利益も求めぬ<929>

○少年少女のためのスッタニパータ<929> ・・・ 仕事をしないのは 世間では非常識ですが、 出家修行者の世界では、 それが常識です。 第4 八つの詩句の章 14.迅速経 15. ○毎田周一先生訳 929. 修行者は売買には従わず 決して人を罵らず 又村里にいても不機嫌な様子をせず (それかといって)…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

非難され 称賛されても 落ち着いて 貪り静め 怒ることなし<928>

○少年少女のためのスッタニパータ<928> ・・・ お母さんの作ってくれたお弁当に、 多すぎ、少なすぎ、まずいなどと 文句を言っている子はいませんか。 第4 八つの詩句の章 14.迅速経 14. ○毎田周一先生訳 928. 修行者は非難されても悩まず ほめられても思い上がらず 利己心と一緒に 貪りと 怒…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

性欲に 負けた修行者は 人々に いやしい凡夫と さげすまされる<816>

○少年少女のためのスッタニパータ<816> ・・・ セックスに夢中になると 周りが見えなくなって 学校の成績も下がり みんなから馬鹿にされる。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 3. ○毎田周一先生訳 816. 今迄唯一人の道をいそしんでいたものも 性の関係に溺れるようになれば 道を外れ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

悪人を 褒め善人を 貶す人 その言葉よって 不幸になるよ<658>

○少年少女のためのスッタニパータ<658> ・・・ 悪い人を褒め 良い人を非難する人は その言葉によって運が悪く成る。 運が悪く成ると幸福になれない。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 2. ○中村元先生訳 658 毀るべき人を誉め、 また誉むべき人を毀る者、 ──かれは口によって禍をかさね、 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

人々と 語らう時は 穏やかに 真理を説いて 非難はしない<389>

○少年少女のためのスッタニパータ389. ・・・ 話し会う時は 相手の話しよく聞いて 批判したり、非難しないように 自分も自由だが、相手も自由だから。 スッタニパータ389. 第2 小さな章 14.ダンミカ経 14. ○中村元先生訳 389 もしもかれが、教えを聞く人、 或いは他の修行者とともに語る場合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人々は 家畜を殺す バラモンを あり得ないこと だと非難した<313>

○少年少女のためのスッタニパータ313. ・・・ 悪いおこないは人に知られれば 必ず非難される。 だからやめなさい。 まさか、知られなければ、 よいとは思わないよね。 スッタニパータ313. 第2 小さな章 7.バラモン法経 30. ○中村元先生訳 313 このように昔からのこのつまらぬ風俗は、 識者…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

賢者らが 欠点がない 無駄ないと 賞賛するならば 智慧ある人だ(229)及び(230)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 賢者らが 欠点がない 無駄ないと 賞賛するならば 智慧ある人だ(229) そのような 智慧ある人を 神々も 梵天さえも 賞賛するよ(230) ○子供のためのダンマパダ よく勉強し 道徳守る子供を 親や先生がよく見ていて 誉めるならば …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

黙っても 語っていても 適度でも この世の中は 非難するのだ(227)及び(228)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 黙っても 語っていても 適度でも この世の中は 非難するのだ(227) 現在も 過去も未来も いないもの 非難か賞賛 されるのみの人(228) 本日はサーバーの都合で、更新が遅くなりました、慎んでお詫び申し上げます。 ワンギーサ ○子供のための…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

阿羅漢の 教えを非難 する人は 結果が熟すと 己が滅びる(164)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ 竹の花は何年も咲かないが 花が咲くと竹は枯れる お釈迦さまの教えを 知ろうとしないで非難すると そのように、不幸の花が咲き 自分自身が不幸になるよ ○パーリ語原文と訳語 ヨー サーサナン   アラハ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

岩山は 風が吹いても 動かない 非難賞賛 何するものぞ(81)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 セーロー  ヤター   エーカガノー Selo     yathā   ekaghano, 岩の    ように   一つの堅い ワーテーナ  ナ   サミーラティ vātena     na   samīrati…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

320.~322.あたかも象が戦場で弓より放つ矢に耐える如く

ダンマパダ 第23 象の章 320.~322. ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します ○片山一良先生 訳 …
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

227.~230. この世に非難されない人はいない

ダンマパダ 第17 怒りの章 227~230 ================================ ~~~~~お 知 ら せ~~~~~ ◎すべての生命の幸せを願い、教えを説かれたお釈迦様の祝祭記念日 ウェーサーカ祭に興味のある方は下のアドレス(日本テーラワーダ仏教教会HP)を是非クックして下さい。 http…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

164.カッタカ竹が実を結び自己を破壊するように

ダンマパダ 第12 自己の章 164 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 法に生きる阿羅漢にして 聖なる者の教法を…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

81.賢者は非難と称賛に決して動じることがない

ダンマパダ 第6 賢者の章 81 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します あたかも堅い岩山が 風によって揺るがぬように 賢者は非難と称賛に 決して動じることがない (片山一良先生 訳) 〇超訳の試み 岩山は台風が来ても 揺るがぬように確信ある人は 誉められても舞い上がらず…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

黙っても語っていても適度でもこの世の中は非難するのだ (227)

ダンマパダ 227~230 アトゥラよ、これは昔からである これは今始まってことではない 黙して座っても非難され 多く語っても非難され 適量語っても非難される この世に非難されない人はいない 過去も未来もいない 現在もいない ひたすら非難される人は ひたすら賞賛される人は もし賢者たちが彼を 毎日毎日…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more