テーマ:尊敬

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 18偈

18 けだし良家の(人々から)つねに受ける礼拝と尊敬とは、汚泥のようなものであると(修行者らは)知っているからである。細い矢は抜き難い。凡人は(他人から受ける)尊敬を捨てることは難しい。 (テーラガーター124 けだし、かれら(修行者)は、良家の人々からつねに受ける礼拝と尊敬とは、汚泥のようなものであると知っているからである。細か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 17偈

17 この(体)は、食べなければ生きて行くことができない。食物は心胸(むね)を静かならしめるものではない。食物は身体を存続させるものである。そのことを知って、托鉢の行をおこなえ。 (テーラガーター123 この生命は、食べなければ生きて行くことができない。食物は心胸(むね)を静かならしめるものではない。身体は食物に依存するものである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 16偈

16 (修行僧に対してなされる世の人々の)尊敬のうちにはこのわざわいと大きな危険のあることを知って、修行僧は、人々に知られることを少なく、無欲で、気をつけて、遍歴せよ。 (テーラガーター154 修行僧に対してなされる世の人々の)尊敬のうちにはこのわざわいと大きな危険のあることを知って、修行僧は、人々から得ること少なく、無欲で、気を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 15偈

15 つねに重衣をまとっているが飲食物と衣服と寝具と坐具を得る人は、多くの敵をつくる。 (テーラガーター153 剃髪して重衣をまとっているが、飲食物と衣服と寝具と坐具を得る人は、多くの敵をつくる。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 重衣とは、出家し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 14偈

14 ところで、この世で食物や飲料を(多く)所有している人は、たとい悪いことを行なっていても、かれは(愚かな)人々から尊敬される。 (テーラガーター130 ところで、この世で食物や飲料を(多く)所有している人は、たとい悪いことを行なっていても、かれは(愚かな)人々から尊敬される。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 13偈

13 たといその修行者が三種の明知を体現していて、死を打ちのめした者であり、汚れが無いとしても、無智なるものどもは、「かれは人に知られていることが少ない」といって、かれを見下(くだ)す。     (テーラガーター129 たとい(ある修行者が)三種の明知を体現していて、死を捨て去った者であり、汚れが無いとしても、無智なる愚人どもは、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 12偈

12 たとい知慧は乏しくとも、修行僧が戒しめを守ってよく心が安定するい至ったならば、怠ることなく清く生きるその人を、ことわりを知る賢者たちが称讃する。 (ダンマパダ366 たとい得たものは少なくとも、修行僧が自分の得たものを軽んずることが無いないならば、怠ることなく清く生きるその人を、神々も称讃する。 (中村元訳「ブッダの真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 11偈

11 もしも楽しく生きようと欲するならば、修行者のつとめに注視して、教団の所有である衣や飲食物を軽んじてはならない。 (テーラガーター228 もしも楽しく生きようと欲するならば、修行者のつとめに注視して、教団(サンガ)の所有である衣や飲食物を軽んじてはならない。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 10偈

10 もしも楽しく生きようと欲するならば、修行者のつとめに注視して、互いに満足せよ。唯一の真理(=ブッダの教え)を念じて修行せよ。 (テーラガーター230 もしも楽しく生きようと欲するならば、修行者のつとめに注視して、互いに満足せよ。唯一の真理(ブッダの教え)を念じて修行せよ。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 9偈

9 もしも楽しく生きようと欲するならば、修行者のつとめに注視して、蛇が鼠の隠れている穴に近づくように、臥処をさがして実践せよ。 (テーラガーター229 もしも楽しく生きようと欲するならば、修行者のつとめに注視して、蛇が鼠の隠れている穴に近づくように、臥処をさがして実行せよ。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 8偈

8 (托鉢によって)自分の得たものを軽んじてはならない。他人の得たものを羨むな。他人を羨む修行僧は、心の統一安定を得ることはできない。 (ダンマパダ365 (托鉢によって)自分の得たものを軽んじてはならない。他人の得たものを羨むな。他人を羨む修行僧は心の統一安定を得ることはできない。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 7偈

7 いかなることにもあくせくするな。他人の従者となるな。他人に依存して生活するな。法による商人として暮らすな。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 1 いかなることにもあくせくするな。 2 他人の従者となるな。 3 他人に依存して生活するな。 4 法に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 4偈、5偈、6偈

4 「在家の人々も出家した修行者たちも、常にわたくしのことを知れ。およそなすべきこととなすべからざることについては、わたしの意に従え」___ 5 愚かな者はこのように思う。こうして欲求と高慢(たかぶり)とがたかまるのである。利益を得るよすがは、ニルヴァーナにいたる道とは異なっている。 6 ブッダの弟子は、つねにこのことわりを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 3偈

3 善くない人々は、利益を得ようと願い、修行僧らのあいだでは尊敬を得ようとし、僧房にあっては物惜しみの気持を得ようとし、他人の家に行っては供養を得ようとする。
 (ダンマパダ73 愚かな者は、実にそぐわぬ虚しい尊敬を得ようと願うであろう。修行僧らのあいだでは上位を得ようとし、僧房にあっては権勢を得ようとし、他人の家に行って…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 2偈

2 愚かな者は知識が生じても、ついにかれには不利なことになってしまう。それは愚かな者の好運(しあわせ)を滅ぼし、かれの頭を打ち砕くであろう。 (ダンマパダ72 愚かな者に念慮(おもい)が生じても、ついにかれには不利なことになってしまう。その念慮は彼の好運(しあわせ)を滅ぼし、かれの頭を打ち砕く。) (中村元訳「ブッダの真理の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第13章 尊敬 1偈

1 芭蕉は実が生(な)ると滅びてしまう。竹や蘆は実が生ると滅びてしまう。牝の驢馬は自分の胎児のために滅びてしまう。そのように、悪人は尊敬を受けると滅びてしまう。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 今日から、第13章尊敬になります。尊敬といえば、一般には良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尊敬するということ

ワン爺の独り言(2017年7月16日) 自分の人生を振り返ると、尊敬できる人を探す旅のような気がします。それは自分がどんな人間になりたいのかと言うことだったと思います。SRKWブッダの言われる尊敬に値する人物とはどのような人なのでしょうか? http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou164.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年長を 尊敬して 羨むな 見事に説かれた 法をよく聞け<325>

○少年少女のためのスッタニパータ325. ・・・ お爺さんやお婆さんは 面白い話を知っているよ。 いろいろ聞いてみて下さい。 賢くなるよ。 スッタニパータ325. 第2 小さな章 9.何が戒か経 2. ○中村元先生訳 325 長上を敬い、嫉むな。 諸々の師に見えるのに適当な時を知り、 法に関する話しを…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

尊敬は 習う気持ちの 真剣さ それさえあれば 法を教える<316>

○少年少女のためのスッタニパータ316. ・・・ 先生が一番喜ぶことは 生徒の真剣なまなざしです。 スッタニパータ316. 第2 小さな章 8.船経(法経) 1. ○中村元先生訳 316 ひとがもしも他人から習って理解を知るならば、 あたかも神々がインドラ神(帝釈天)を敬うがごとくになすべきである。 学識の深…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

釈尊の 教えを教えて くれた人 彼に毎日 礼拝すべし(392)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 幸福になる方法を 教えてくれる人は命の恩人です。 父母と同じように 尊敬しなければなりません。 ○パーリ語原文と訳語 ヤンハー   ダンマン   ウィジャーネッヤ Yamhā    dhammaṃ   vijāneyya, その人から  法…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

303.確信があり戒を守る名声と富のある人は

ダンマパダ 第21 種々の章 303 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します ○スマナサーラ長老 訳 確信と戒を…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more