テーマ:カースト

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第26章 安らぎ(ニルヴァーナ) 30偈

30 (自分に)ひとしい、あるいはひとしくない生れ、生存をつくり出す諸の形成力を聖者は捨て去った。内的に瞑想を楽しみ、心を安定統一して、(自分の)覆いを破ってしまった。___卵の膜を破るように。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 解脱して、(安らぎ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラモンや 王族・庶民 他でもない 無所有にして 智慧で世を行く<455>

○少年少女のためのスッタニパータ455. ・・・ 君は何者? 大人?子供?男?女? それが分かっても それは君ではない。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)1. ○中村元先生訳 455 「わたしはバラモンではないし、王族の者でもない。 わたしはヴァイシヤ族(庶民)の者でもない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

王族も バラモンたちも 血統の 誇りを捨てて 欲に走った<315>及び<あとがき>

○少年少女のためのスッタニパータ315. ・・・ 武士は食わねど 高楊枝。 プライドは 食欲なんかに負けないぞ。 スッタニパータ315.あとがき。 第2 小さな章 7.バラモン法経 32.及び「あとがき」 ○中村元先生訳 315 王族も、梵天の親族(バラモン)も、 並びに種姓(の制度)によって守られてい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more