テーマ:迷妄

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第32章 修行僧 49偈〜53偈

49 泥沼をわたりおわって、村の棘(とげ)を粉砕し、憎しみを滅ぼすに至った人、___かれこそ<修行僧>と呼ばれるのである。 50 泥沼をわたりおわって、村の棘(とげ)を粉砕し、迷妄を滅ぼすに至った人、___かれこそ<修行僧>と呼ばれるのである。 51 泥沼をわたりおわって、村の棘(とげ)を粉砕し、慢心を滅ぼすに至った人、__…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第31章 心 13偈

13 屋根を粗雑に葺いてある家には雨が洩れ入るように、心を修養していないならば、迷妄が心に侵入する。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)  *法津如来のコメント 迷妄の意味は、「物事の道理がわからず、事実でないものを事実だと思い込むこと」と、辞書に書いてありますが、実はこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 21C偈

21C 池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、迷妄をすっかり断ち切ったった修行者は、こちらの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 今回も21C偈も文の構造は、21A偈と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第16章 さまざまなこと 18偈

18 田畑の汚れは雑草であり、この人々の汚れは迷妄である。それ故に、迷妄を離れた人々に供養して与えるならば、大いなる果報をもたらす。 (ダンマパダ358 田畑は雑草によって害われ、この世は人々は迷妄によって害われる。それ故に迷妄を離れた人々に供養して与えるならば、大いなる果報を受ける。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

こだわりも 迷いの道も 無智の友 如来に会えば すべて消え去る<再347>

○ワン爺さんの独り言<347> ・・・ 何かにこだわる人は そのこだわりが 自分を縛っていることを 知らない。 第2 小さな章 12.ヴァンギーサ経 5. ○中村元先生訳 347 この世で、およそ束縛なるものは、迷妄の道であり、 無智を朋とし、疑いによって存するが、 全き人(如来)にあうと、それらはす…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more