テーマ:ニルヴァーナ

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第24章 広く説く 15偈

15 不死(しなない)の境地を見ないで百年生きるよりも、不死の境地を見て一日生きることのほうがすぐれている。 (ダンマパダ114 不死(しなない)の境地を見ないで百年生きるよりも、不死の境地を見て一日生きることのほうがすぐれている。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第23章 自己 25偈

25 この世では自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか? 賢者は、自分の身をよくととのえて、すべての苦しみから脱れる。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 今回は、「すべての苦しみ」について、SRKWブッダの理法「一切皆苦の真実」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第23章 自己 24偈

24 この世では自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか? 賢者は、自分の身をよくととのえて、すべての悪い存在領域を捨て去る。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 悪い存在領域とは、畜生、修羅、餓鬼、地獄です。ちなみに、善い存在領域…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第19章 馬 8偈

8 何となれば、その人はその乗物によってはその境地(=ニルヴァーナ)に達することができない。おのれ自らをよくととのえてこそ、速やかに静けき境地におもむくのである。    (ダンマパダ323 何となれば、これらの乗物によっては未到の地(ニルヴァーナ)に行くことはできない。そこへは、慎しみある人が、おのれ自らをよくととのえておもむく。)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 14偈

14 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、かれらは昼も夜もつねに衆(サンガ、修行者のつどい)を念じている。 (ダンマパダ298 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、昼も夜も常にサンガ(修行者のつどい)を念じている。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第12章 道 1偈

1 明らかな知慧によって四つの尊い真理を見る時には、この人は迷える存在の妄執を破り催く道を明らかに知る。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 本日から、道について学ぶことになります。仏教で道といえば完全なる安らぎ(ニルヴァーナ)に至る道です。 「迷える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第3偈

3 たえず(道に)思いをこらし、つねに健(たけ)く奮闘する、思慮ある人々はニルヴァーナに達する。これは無上の幸せである。 (ダンマパダ23 (道に)思いをこらし、堪え忍ぶことつよく、つねに健(たけ)く奮闘する、思慮ある人々は、安らぎに達する。これは無上の幸せである。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第3章 愛執 第11偈

11 さあ、ここに集まったみなさんに告げます。__みなさんに幸(さち)あれ。愛執を根こそぎに掘れ。__(かぐわしい)ウシーラ根を求める人がビーラナ草を掘るように。愛執が根から掘られたら、憂いは存在しない。何の恐れがあろうか。 (ダンマパダ337参照) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第42偈

42 それ故に、修行僧らは、つねに瞑想を楽しみ、心を安定統一して、つとめはげみ、生と老いとの究極を見きわめ、悪魔の軍勢に打ち克って、生死の彼岸に達する者となれ。                            以上第一章 無常 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

聖求とは何か

ワン爺の独り言(2018年4月15日) 「万巻の書を読破し千巻の書を著しても、求めるものが違っていては究極に至ることはできない。その一方で、経典の一行を受持し、たった一言の善知識を耳にしただけでも、求めるものが正しい人はニルヴァーナに到達する。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

無上の楽しみ

ワン爺の独り言(2018年2月16日) 無上の楽しみは何か? 「つねなる安らぎ(=ニルヴァーナ)こそ無上の楽しみであると知られるものである。」とはSRKWブッダの言葉です。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana036.htm (以下引用) 【無上の楽しみ】 &#…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しあわせなひと

ワン爺の独り言(2018年1月17日) ある人は何かがあればしあわせになると思い、ある人は何かになればしあわせになると思い、ある人は何かが達成されればしあわせになるとなると思います。しかし、それはどうも違うようです。だた、この感興句で述べられていることを「しあわせ」と思えるかどうかはその人次第です。 http://www.geoci…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ふと耳にしたことで

ワン爺の独り言(2017年11月1日) 「ふと耳にしたことで」起こる結果は人生に大きな変化をもたらします。ですから、ふと耳にすることをおろそかにせず、心構えを正しくしておく必要があります。SRKWブッダの理法を紹介します。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou261.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

この世に「最高」ということが存在するのか?

ワン爺の独り言(2017.3.21.) ダンマパダ184偈に「ニルヴァーナは最高のものである」と述べられています。ですから、「最高」ということがあるのでしょうが、それがなぜかSRKWブッダの理法から学んで学びましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou066.htm (以下引用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)」を旬に譬える

ワン爺さんの独り言(2017.1.8.) 前回、「円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)とはいかなるものか?」のSRKWブッダの説明を掲載しましたが、 今回は更にそれを「旬」で譬えた話を紹介します。 以下引用。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou003_sub.htm 【ニルヴァー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)とはいかなるものか?

ワン爺さんの独り言(2017.1.7.) 今回はSRKWブッダのHP「覚りの境地」の「理法」の欄から「円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)」について記述を紹介します。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou003.htm 以下引用。 【円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)】 この世に生きる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

世尊様 あなたの言葉を 頂きたい 自己の涅槃は いかなるものか<1061>

○少年少女のためのスッタニパータ<1061> ・・・ ニルヴァーナ(安らぎ)とは、 いかなるものなのでしょうか? 安らぎを学びつつあることでしょうか? お釈迦さまのお話を聞きたいのです。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)1. ○中村元先生訳 1061 ドーカンさんがたずねた、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more